2021年4月13日 米ドル/円価格予測2021年

  • 2021-04-13
  • t

米ドル/円価格予測2021年

去年は多くの点で記憶に残ったであろうが、USD / JPYの行動はそうではないかもしれなかったのかもしれない。確かに、アメリカ大統領選挙が開催されたが大統領選はもつりにもつれ、投資家に多くの不安などの影響を残した。世界では、一世紀で最悪のパンデミックに見舞われた。米国のドナルド・トランプは大統領再選を失った。米中貿易戦争は無意味になり、政府や中央銀行は市場にお金を氾濫させました。これまでに世界で約5億人の雇用が失われ、経済は前例のないレベルの経済収縮を経験した。まだ底を打っていないかもしれない世界的な不況。そして、誰もそれが来るのを予想は出来なかったと思う。世界は2019年末までに中国で発生した新生児ウイルスである新型コロナウイルスに引き寄せられた。それはヨーロッパ・米国を乗っ取り、日本などの世界の他の地域にジャンプしました。3月までには、何もするのに遅すぎた。3か月の混乱の後に3か月の希望が続いた。今年の最後の四半期、つまり言葉が「通常」に戻り、経済が回復するのを見るべきだった四半期は、さらに混沌としたものだった。そしてもう一度、誰もそれを十分に早く予測することが出来なかった。

パンデミックに直面して、日本は文化的な優位性を持っていた。2011年3月の地震とそれに続く福島原発事故によって悪化した過密国の高レベルの汚染は、マスクの使用を国内で非常に一般的なものにしていたということだ。医療用でなくてもマスクを使用し、一定の距離を維持することは、伝染を防ぐために今日まで世界が持っている最高の犠牲者だ。米国では、ドナルド・トランプ米大統領が長い間布製マスクの着用を拒否していたため、選挙の年にマスクが政治声明に変わった。他の最も一般的なツールは、景気後退の母である検疫だ。封鎖を課すことを拒否した国はほんのわずかであり、米国もその1つだ。ニューヨークはパンデミックの震源地であり、実際には3月に厳しい制限を受けましたが、一般的に、米国経済は行進を続けました。そして、日本のものもそうだった。過去9か月間に、太平洋の両側で一時的および局所的な封鎖が行われた。それでも、12月中旬までに、米国は3億3200万人の人口に対して1750万人以上の症例を報告し、日本は1億2600万人の人口に対して18万7千人の症例を報告した。日本でも多くの人々が亡くなり、米国では12月中旬までに約32万人が死亡していた。ワクチンは希望をもたらしたが、それは長続きしませんでした。世界の予防接種は緊急の承認があってもゆっくりと進んでおり、2021年のほとんどが集団免疫を達成するのに十分な人々に到達するのにかかると思われる。主要国は実際に第3四半期に回復しました。9月までの3か月間で、日本の国内総生産は季節調整済みの年間ベースで21.4%急増したが、第2四半期に記録された歴史的な28.8%の減少とは対照的である。第2四半期の31.4%の落ち込みに続いて、GDPが前年と比較して33.1%急増したため、米国でも同様のことが起こった。

しかし、両国の経済パフォーマンスは、パンデミック前のレベルをはるかに下回っている。米国は3月から4月の間に約2200万人の雇用を失い、5月から11月の間にその半分近くを回復することができた。最新の非農業部門雇用者数レポートは、国が11月にわずか245,000の新しいポジションを追加したことを示した。米国がこのようなペースで以前のレベルに戻るには、数年かかる可能性があります。11月のデータによると、日本はパンデミックにより70,000人以上の雇用を失った。一方、米国の年間インフレ率は2020年11月時点で前年比1.2%であるのに対し、日本の年間インフレ率は同期間に-0.9%であった。超緩い政策を維持する中央銀行新型コロナウイルスパンデミックの長期的な影響により、世界中の中央銀行は、主要金利を記録的な低水準に保ちながら、資産の購入および貸付プログラムを開始した。12月の会合で、日本銀行は主要金利を-0.1%に、10年国債利回り目標を0.0%に維持することを決定した。また、緊急融資プログラムを2021年9月まで6か月延長した。日銀は、「さらに効果的かつ持続可能な金融緩和に関する評価を実施する」と発表し、インフレが2%の目標に達するまで現在の金融緩和を維持することを約束した。米連邦準備制度理事会もまた、予想通り、金融政策を変更せずに維持し、政策立案者は、現在のパンデミックの状況の中で必要な限り、あらゆるツールを使用して経済を支援するという公約を繰り返した。

6月以降、FRBは月額800億ドルの財務省証券と、400億ドルの住宅ローン債券を購入しています。公式声明に重大な変更があった。以前の文書で、政策立案者は、「今後数ヶ月」にわたって債券購入プログラムを維持し、今回は雇用とインフレの目標に向けて「実質的なさらなる進展が見られるまで」に変更すると発表した。パンデミックが発生する前は、米国のインフレ率は悪名高い2%を超える安定に近づいていたが、日本のインフレ率はそれから遠く離れていた。日本の持続的な軽度のデフレは、弱い経済成長だけでなく、人口の高齢化にも関係している。 世界は消費が急落する段階に入っており、それは雇用を含む複数のセクターで余力になっている。政府と中央銀行は、経済方程式、需要と供給の両面で、金融の安定を支援するためにあらゆる努力を払ってきた。これまでのところ、大規模な行動は経済を浮き上がらせるためだけに十分だった。次の世代の成長、インフレ圧力、雇用創出はまだ見られていない。現在は世界的にも深刻な現状ではあるが、人々は希望にしがみついている。国際通貨基金(IMF)によると、2021年の世界的な成長は5.4%と予測されている。これはパンデミック前のレベルを下回っているが、正しい方向への一歩です。すでに述べたように、ワクチンの予防接種と「正常」への復帰は、経済の回復に向けて重要だということだ。発生を制御する日本の優れたパフォーマンスとその長い規律の伝統を考えると、アジアの巨人は、通常に戻ることに関しては、西洋のライバルよりも有利であるように思われる。一方、米国は消費国だ。重要なのは雇用の創出。米国は雇用を創出することができるが、地域経済は開花するであろう。そして、インフレは、何十年もの間デフレを打ち負かすことができなかった日本よりもはるかに速く中央銀行の目標に向かって進むと思われる。大統領選のジョー・バイデンが前任者とはかなり異なる方法でパンデミックに対処することを明らかにしたので、政府の変更は米国が正しい方向に動く必要があるものかもしれない。それでも、2021年はカムバックの年ではない。それがプロセスの始まりになりると考えられる。幸いなことに、前四半期までに、世界はトンネルの終わりに光を見ることができるようになる。

米ドル/円価格の技術的展望

USD / JPYペアは4年連続で弱気の傾向にある。2017年1月、ペアは116.85でオープンし、118.60でトップになった。2018年まで、ドルは日本のライバルを上回ったが、年の最高値は114.54に設定された。ペアは2019年に問題なく取引され、地獄が崩壊する直前の2020年2月に112.24でピークに達した。今年のUSD / JPYは約500ピップス下落した。

月次チャートを見て、ペアを101.17に下げた3月の激しい変動を却下すると、USD / JPYは2016年末までに最後に見られたレベルで取引されている。当時、クリティカルローは98.95に設定されていた。USD / JPYが前述の4年間でサポートを提供した200SMAを下回って12月に終了するため、弱気の傾向は堅調に見える。テクニカル指標が弱気の傾きを負のレベル内に維持しているため、20SMAは100SMAを下回っている。

週足チャートでは、下降傾向の強さがさらに明白だ。しっかりと弱気な20SMAの周りでバイヤーに会った後、ペアはその下落を加速し、より低い安値に達した。テクニカル指標は、弱気の枯渇の兆候なしに、マイナスレベルで南に向かう。価格が上記の101.17を下回った場合、次の弱気の目標は上記の98.95になった。急激な景気後退と将来のパニックだけが、2021年にこのペアが最後に敗北し、さらに400ピップの減少をもたらす可能性がある。弱気のケースは、USD / JPYペアが2020年3月の最高値である111.70(現在は約105.00)からの下降トレンドラインを下回って取引されている限り、堅調に推移する。この最後を超えて、ペアの回復は106.40に向かって広がる可能性があるということだ。この最後を超えて前進すると、ブルズが引き継ぎ、クリティカルな110.00のしきい値をターゲットにして、潮流が変化するはずだ。

LIGHTFX