2021年4月8日 ビットコインはどこを目標としているのか

  • 2021-04-07
  • t

最近のビットコイン価格は、相対的に弱い米ドルと財務省の利回りのスライドに市場が反応して上昇した。ビットコインは、史上最高値から2,000ドル低い60,000ドルまで上昇した。イーサリアムに関しても2,000ドル以上に上昇し、CoinMarketCapが掲載している、すべての暗号通貨の時価総額は1.9兆ドル以上に急増した。

ここ数週間の比較的低いボラティリティーに惹かれた参加者もおり、ビットコインの3ヶ月間の実現ボラティリティは、2月の90%以上から86%に低下した。ウォール街の一部の企業もBTCへの注目度を高めており、外資系企業であるゴールドマン・サックスは、富裕層の顧客に同通貨を提供する計画を発表した。

また、最新の米国非農業部門雇用者数を受けて、米ドル指数は小幅に下落した。労働統計局によると、経済は前月に46万5,000人以上の雇用を増やした後、3月には91万6,000人以上の雇用を増やした。製造業の雇用者数は5万3,000人増加し、政府関係者の雇用者数は13万6,000人増加した。失業率は6.2%から6.0%に低下し、U6失業率は11.1%から10.7%に低下した。通貨はまた、米国債利回りの低下にも反応していることがわかる。10年債利回りは今週の高値である1.76%から1.67%に低下し、30年債は2.335%に低下した。これは、ジョー・バイデンが2.3兆ドルの景気刺激策を発表した後にも起こったことであり、これにより、今年提供される連邦政府の資金総額は5兆ドルを超えることになる。

結論、ビットコインは機関投資家の需要が高まるにつれ史上最高価格を目標とし動いていくだろう。

LIGHTFX