マネーパートナーズの口コミは?スプレッドが広がるという評判は本当?

※導入の作成お願いします

目次

【結論】マネーパートナーズの総評

マネーパートナーズは、約定力の高さと安全性、豊富なコンテンツ、24時間サポートととても優秀なFX会社で、初心者から上級者まで高い支持を得ています。

それでは、マネーパートナーズについて解説しましょう。

マネーパートナーズの基本情報

マネーパートナーズは、高い約定率、取引ツールが高性能で情報コンテンツも豊富、100通貨単位の少額取引ができる、といった3つの特色があります。

なかでも約定率の高さには評判で、公式サイトでもスリッページゼロ・約定拒否ゼロと表記しているほどです。

そのため、値動きが激しくなるようなハイリスクハイリターンの相場でも、ココというタイミングで約定できるので上級トレーダーにも人気があります。

マネーパートナーズの会社情報

会社名 株式会社マネーパートナーズ (英語表記:MONEY PARTNERS CO.,LTD.)


本社所在地 〒106-6233 東京都港区六本木 3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 33階


設立年月日 2008年5月9日


代表者 代表取締役社長 福島 秀治


資本金 31億円(2020年3月31日現在)


従業員 60名(グループ全体94名)(2019年3月31日現在)


登録番号 金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2028号


主要取引銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 三菱UFJ銀行


マネーパートナーズのデメリットと悪い口コミ・評判

マネーパートナーズにはメリットも多いですが、なかにはデメリットもあります。

それでは、マネーパートナーズのデメリットや悪い口コミ・評判を解説しましょう。

デモ口座がない

最近のFX会社にはデモ口座があるところが増えていますが、マネーパートナーズにはデモ口座がありません。

そのため、ツールの使用感などは本番で確認する方法しかないので、もし自分にあっているか分からなくても口座開設をする必要があります。

つまり、事前にツールの確認もできず、売買の練習もできないということは、マネーパートナーズを気軽に始めることができないのでデメリットといえるでしょう。

スワップポイントが低い

マネーパートナーズのスワップポイントは低いです。

ほかのFX会社と比べてもかなり低いので、高金利通貨で長期トレードする人には向いていないといえます。

もしも、マネーパートナーズでスワップポイントの長期トレードをする場合は先進国通貨などで取引をすることがオススメです。

ドル円スプレッドが0.3銭

マネーパートナーズはドル/円0.3銭と、業界最狭通貨ではありません。

そして、スプレッドが原則固定なうえに、午前8時~翌午前3時までと時間指定もあるので時間帯に注意する必要があります。

しかし、キャンペーンなどで米ドル/円が0.1銭の場合もあるので、月初めなどキャンペーンの開催がしやすい時期に確認してみましょう。

スプレッドが広がりやすい

マネーパートナーズのスプレッドは時間制限があるため、固定されている時間帯以外の時間はスプレッドが広がる可能性があります。

時間帯を気にせず取引をしていると、タイミングによって大きく相場が動き、スプレッドが広がることもあるので、スキャルピングをおこなうときは注意しましょう。

マネーパートナーズのメリットと良い口コミ・評判

マネーパートナーズはデメリットばかりではなく、メリットも多いです。

それではマネーパートナーズのメリットや良い口コミ・評判を解説しましょう。

約定率が高い

マネーパートナーズの約定率は高く、スリッページや約定拒否がないと評判です。

約定率が高いとは、トレーダーが成行注文時に表示されているレートで注文が成立することで、スリッページとは約定率が低く、タイミングがズレて狙ったレートで成立できない事態のことをいいます。

また、約定拒否とは、レートで注文が成立したにもかかわらず、会社側都合で約定が成立しないことで、スリッページも約定拒否もトレーダーにストレスや不信感をあたえることになるでしょう。

つまり、約定率が高ければスキャルピングやデイトレードのような短期売買にもメリットであるといえます。

100通貨単位の少額取引ができる

マネーパートナーズの「パートナーズFX nano」では、100通貨単位の少額取引ができます。

ほかのFX会社では10,000通貨や1,000通貨からが多いですが、マネーパートナーズは100通貨からと少ない投資資金で取引することが可能です。

つまり、少額で取引できるということは、練習としても気軽に始められるので初心者にもオススメといえます。

コンテンツ情報が豊富

マネーパートナーズは初心者向けの「かんたん動画マニュアル」などの教育コンテンツがあるなど、さまざまなコンテンツ情報が配信されています。

なかでも「マネパFX情報室」はFXの専門家が相場の見通しから取引の手法解説まで、FXの役立つ情報を毎日配信しており、口座開設していない人でも閲覧することが可能です。

スプレッドが業界最低水準

マネーパートナーズのスプレッドはおおよそ業界最低水準ですが、主要通貨ペアである米ドル/円は0.3銭とほかのFX会社よりも劣るといえるでしょう。

米ドル/円は、トレーダーのなかでも多くの人が取引している通貨ペアであり、その通貨ペアが劣ることはデメリットといえますが、英ポンドのほかにも南アフリカランド、メキシコペソなどの高金利通貨は業界最低水準のスプレッドです。

また、高金利通貨を固定制ではなく変動制のFX会社も多いですが、マネーパートナーズは原則固定としているところは大きな強みといえるでしょう。

現金必要なし

マネーパートナーズは株式投資を扱っており、マネーパートナーズの証券口座にある株をマネーパートナーズFX口座に預けることで、現金を入金しなくても保有株をFXの証拠金にして取引をすることができます。

現金を入金しなくても株でFX取引きできることを代用有価証券サービスといいますが「パートナーズFX nano」には代用有価証券サービスの取り扱いがないので注意しましょう。

信託保全が100%

マネーパートナーズは、顧客の資産を信託契約を締結している三井住友銀行やみずほ信託銀行に、マネーパートナーズの資産と区分をしているため信託保全が100%と安心して利用することができます。

信託保全とは、もしもマネーパートナーズが破綻しても、顧客が預けている資産は完全に区分されているため、顧客に返還される仕組みです。

信託保全100%ということは、資産を気にすることなく取引ができるので、大口取引をする人にとっても重要なことといえます。

クイック入金が24時間入金可能

マネーパートナーズにはクイック入金に対応しており、24時間入金可能なことから時間を気にせず取引を始めることができます。

クイック入金に提携している金融機関は三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行、Paypay銀行、ソニー銀行、住信SBIネット、ゆうちょ銀行で、振込手数料はマネーパートナーズが負担なのでコストを気にする必要がありません。

最短最速およそ1時間で取引開始が可能

マネーパートナーズは最短最速で口座開設の申し込みからおよそ1時間で取引を始めることができます。

オンラインで申し込む「スマホでクイック審査」を利用することで、本人確認をWebで完結できることから、写真付きのマイナンバーカードと運転免許証で本人確認ができれば非常に早く手続きができ、郵便の受け取りなどをする必要がありません。

手数料なしで自動売買ができる

マネーパートナーズの「Hyper Speed NEXT」では、自動売買システムを手数料無料で利用することができます。

自動売買システムとは、設定するだけでレートを確認しなくても自動的に売買をおこなうシステムで、分析が難しい初心者や忙しい人にもオススメです。

「かんたんトレナビ」が利用可能

マネーパートナーズには「かんたんトレナビ」機能があり、為替の予測がすることができます。

自動的に相場を分析するので、分析に不慣れな初心者でも安心して取引することができるでしょう。

マネーパートナーズの最新キャンペーン情報

2021年7月1日(木)午前6:10~2021年9月1日(水)午前5:55までの対象期間中に2021年7月にマネーパートナーズで口座開設をし、2021年8月31日営業終了までの取引をした人が対象で、新規口座開設・取引条件達成で最大50,000円キャッシュバックキャンペーンを開催しています。

取引条件は、新規30万~100万通貨未満の取引は1,000円、新規100万~500万通貨未満の取引は3,000円と金額によってキャッシュバック金額が異なり、新規5,000万通貨以上の取引で最大50,000円のキャッシュバックになるのでこの機会にマネーパートナーズで口座開設しましょう。

マネーパートナーズをおすすめできる人

マネーパートナーズの最大の特徴は約定率の高さなので、短期売買がメインの人や、少額から取引をしたい人、取引をしながら勉強もしたいと考えている人にオススメできるでしょう。

マネーパートナーズの約定率の高さは評判で、スキャルピングのような超短期売買をする人に向いているといえます。

そのほか、通貨が少額の100通貨から始められるので、練習をしたい人にも気軽に始められること、コンテンツが初心者向きで分かりやすく、取引の手法まで解説していることからFXを勉強しながら始めたいという初級者にもオススメです。

マネーパートナーズの注意点

マネーパートナーズの注意点は、パートナーズFX nanoの場合、スプレッドが原則固定に時間制限があることです。

固定時間は8時~27時(翌3時)の時間帯のみで、それ以外の時間帯ではスプレッドが広がることがあるので取引のタイミングに気を付けましょう。

そのほかにも、マネーパートナーズの必要証拠金は各通貨ペアの前営業日終値により日によって変わるので注意が必要です。

マネーパートナーズの口座開設方法

マネーパートナーズの口座開設方法を解説しましょう。

マネーパートナーズの口座開設は最短1時間で取引をスタートできるほど、短時間で開設が可能です。

まずは、公式サイトの申し込みフォームより氏名や生年月日、連絡先や住所など必要事項を入力して申し込みし、本人確認書類とマイナンバーを提出して本人確認をおこないます。

また、本人確認で提出可能な書類は、運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、パスポート、住民票の写し、印鑑登録証明書です。

そして、申し込みフォーム送信後に送られてくるメールに記載されているリンクから提出すると、審査がおこなわれ、審査に通ると「スマホでクイック審査」の場合、メールに記載されている口座番号とパスワードでログインをし、クリック入金などで入金完了次第取引をスタートすることができます。

マネーパートナーズのよくある質問

マネーパートナーズを利用する際に、よくある質問を解説します。

ログイン方法は?

マネーパートナーズの会員ログインページです。…

ログインをするには、ログインの文字をクリックし、フォームから口座番号とパスワードを入力、FX会員専用サイト、PFX、nanoといったログイン先を選択してログインボタン押せばログインすることができます。

スキャルピングは禁止されている?

マネーパートナーズはスキャルピング取引は一概に禁止していません。

しかし、マネーパートナーズのシステムに大きな負荷を与える取引など、業務に支障がでる取引をする場合は、事前通告なく取引を制限される可能性があるため、具体的な目安はないですが負荷の大きいスキャルピング取引をすると口座が制限される可能性があるといえるでしょう。

スワップポイントはどこで確認できる?

パートナーズFXのスワップポイントのページです。本日のスワップポイントや、スワップポイントカレンダーを掲載しています。…

スワップポイントは、マネーパートナーズの公式ページより、上部にある「マーケット情報」、左の「当社提供情報」から「スワップポイントカレンダー」で、本日のスワップポイントを確認することができます。

メールの配信は停止できる?

メール配信の停止方法は記載ありません。

マネーパートナーズで口座開設をすると、キャンペーン情報などを定期的にメールで配信されますが、メール配信を停止する項目の記載がありません。

メールの配信を停止するには、送ってきたメールに停止を記載して返信する必要があり、メール配信停止をリンクにワンクリックで停止などではないので注意が必要です。

1,000通貨での取引はできる?

マネーパートナーズFX nanoのみ、1,000通貨で取引することができます。

最小通貨は100通貨単位での取引ですが、注文発注時に取引画面から数量を設定することで1,000通貨単位での取引が可能です。

マネーパートナーズは副業におすすめ?

マネーパートナーズは副業としてもオススメできます。

理由は、通貨単位が100通貨と少額なので気軽に始めれるからです。

また、マネーパートナーズは約定率の高いため、短期売買の取引方法ならば空いた時間でもタイミングにをみてできるので、副業に向いているといえるでしょう。

年齢制限はある?

マネーパートナーズのFX口座は、年齢20歳以上から満80歳に達するまで年齢の人は口座開設可能です。

また、年齢制限内であれば、アルバイト、パート、フリーター、主婦、無職、ニート、学生など職業問わず開設できますが、0~19歳の人は社会人であったとしても口座開設できません。

取引ツールの使い方はどこで確認できる?

各種取引ツールのダウンロード方法と、詳しい操作マニュアルを掲載しています。…

取引ツールは、マネーパートナーズの公式ページの上部「お客様サポート」から「取引ツールの使い方」を確認することができます。

出金方法は?

会員専用サイトの資産管理(入出金)から「出金依頼/出金取消」にて出金の手続きをすることができます。

なお、一回に出金可能な限度額の条件はありません。

両替と現金受けとは?

外貨両替に関する説明や、方法についてのページです。マネーパートナーズでは、FXのレートを利用した外貨両替サービスをご提供…

FX取引には関係なく、日本円と外貨を両替することを外貨両替といい、FX取引をして日本円をより安く外貨に交換できることを現金受けといいます。

銀行や空港などの外貨両替などよりもかなり安く外貨を獲得できるので、海外旅行などへ行く際は利用しましょう。

現受け手数料はいくら?

現受け手数料は1通貨単位あたり10銭です。

現受けとは、主に口座にある資産の日本円を外貨に交換する場合に利用します。

その逆の、外貨を日本円に交換する場合は現渡しと呼び、現渡しでも手数料は1通貨単位あたり10銭です。

証拠金の預託方法は?

パートナーズFXで取引可能な通貨ペアや、必要証拠金について説明しています。…

証拠金の預託先は、株式会社マネーパートナーズで、証拠金の預託方法はマネーパートナーズが指定する金融機関の口座振り込みにて可能です。

口座凍結することはある?

マネーパートナーズはシステムに大きな負荷を与えるような取引、リスク減少を目的におこなう銀行などへの正常なカバーができないなどの行為をすると口座凍結する可能性があります。

スキャルピング取引などはシステムに負荷を与えやすいといいますが、一概に禁止をしていないため、決まりに反しないように注意をしながら取引しましょう。

お問い合わせ方法は?

お問い合わせ方法や、各種資料のダウンロードについて掲載しています。…

お問い合わせには、24時間365日問い合わせ可能なチャットサービスと、お問い合わせフォームからおこなうメールでの問い合わせのほか、電話での問い合わせ方法もあります。

また、マネパカードやマネーパートナーズへの意見・苦情用の電話番号もあるので目的にあった問い合わせ先を利用しましょう。

なお、現在新型コロナの感染拡大防止のため、チャットサービスと電話での問い合わせは月曜日~金曜日の午前9時~午後5時までとなります。

解約方法は?

口座を解約するには、口座を全額出金したのち、解約申込フォームより申し込む必要があります。

名前(フルネーム)とメールアドレスを入力し、注意事項と個人情報保護方針をよく読みチェックをいれて、入力内容確認を押して解約申し込み完了です。

まとめ|マネーパートナーズは口コミも評価も高いFX会社

マネーパートナーズは、約定率が高くスキャルピング取引をする人にはとても評価が高いです。

また、100通貨から取引ができるので気軽に始めることができ、初心者向けのコンテンツも豊富なので初心者や初級レベルの人にもオススメできます。

FXに興味ある人は、豊富なサポートと高機能のツールを提供するマネーパートナーズで口座開設をしてみましょう。