ひまわり証券の口コミ・評判は?スプレッドやデモ取引についても解説

※導入の作成お願いします

目次

【結論】ひまわり証券の総評

ひまわり証券は、初心者に優しいといわれています。

理由は、わかりやすいコンテンツの配信や、FXの練習ができるデモ口座を開設できること、自動取引システムがあることです。

それでは、ひまわり証券について解説します。

ひまわり証券の基本情報

ひまわり証券は、日本初の個人投資家向けにFX取引を提供した業者なのでFXのパイオニアと呼ばれるほど歴史が長く、信頼もあります。

ひまわり証券には、設定するだけで自動取引ができるFX自動売買システムや、初心者にもわかりやすい動画配信や、投資家に向けたセミナー開催が特徴です。

また、裁量トレードをすることに向いているレギュラー口座や、メインの証拠金を自動売買するシステムを搭載しているループイフダン口座の2パターンがあり、どちらも取引の目的に応じて運用ができます。

ひまわり証券の会社情報

会社名 ひまわり証券株式会社(Himawari Securities, Inc.)


設立年月日 2002年2月14日


資本金 300,000,000円


代表者 代表取締役社長 中町 剛


事業内容 金融商品取引業(関東財務局長(金商)第150号)


グループ会社 株式会社ISホールディングス ひまわりホールディングス株式会社 ひまわりパートナーズ株式会社


電話番号 0120-86-9686(9:00〜17:00/土日除く)


所在地 〒104-0031 東京都中央区京橋二丁目2番1号


ひまわり証券のデメリットと悪い口コミ・評判

ひまわり証券にはデメリットもあるといわれています。

それでは、ひまわり証券のデメリットや悪い口コミ・評判を解説しましょう。

手数料が高い

ひまわり証券は口座開設無料、口座維持手数料も無料とほとんどの手数料が無料ですが、スプレッドといういわゆる取引手数料にあたるものは、ほかのFX業者と比べて高いことから「ひまわり証券は手数料が高い」といわれることが多いでしょう。

スプレッドとは、FX取引をするさいの買値と売値の差額のことで、業界最狭水準が米ドル/円0.2銭のFX業者があるのに対し、ひまわり証券は米ドル/円1銭です。

つまり、スプレッドの狭さを狙って取引をしたいと思う人にはひまわり証券はオススメできないといえます。

高金利な通貨を取り扱ってない

ひまわり証券には、高金利通貨といわれるトルコリラやメキシコペソの取り扱いがありません。

そのほか、高金利通貨以外でも、米ドルやユーロなどのスワップポイントもほかのFX業者に比べて低いことから、スワップポイントでコツコツと稼ぎたい人にも不向きといえます。

24時間のサポート体制ではない

ひまわり証券は24時間サポート体制ではないため、サポート時間外にトラブルや疑問が生じても、すぐ解決することは困難といえます。

また、お問い合わせフォームか電話での問い合わせになりますが、時間は午前9時~午後6時まで、土日元日は除くので注意しましょう。

繋がらないなどのシステム障害がある

ひまわり証券のループイフダンを利用中に、システム障害がログイン障害がおきることがあります。

ログイン障害がおきて画面に接続エラーと表示された場合は、ブラウザのキャッシュをクリアするか再起動で改善する可能性があるでしょう。

また、システム障害がおきてポジションが決済されない、ログインができない場合は、口座管理画面から口座状況の確認するか保有ポジションの手動決済をおこなうことで改善することもあります。

それでも改善しない場合は、改善するまで待つか、サポートセンターに問い合わせをしましょう。

ひまわり証券のメリットと良い口コミ・評判

ひまわり証券はデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。

それでは、ひまわり証券のメリットや良い口コミ・評判を解説しましょう。

自動売買できる

ひまわり証券には、初心者でも簡単に設定できて比較的に利益を得ることができる自動売買システムがあります。

自動売買システムとは、いつもチャート画面を見ながら自分のタイミングで取引するのではなく、簡単な設定をおこなうだけであとは自動で売買をおこなうため、まだ始めたばかりの初心者にもオススメです。

ループイフダンの利用ができる

ループイフダンとは自動で売買をおこなうシステムで、取引したい通貨ペア、買いか売りか、ループ幅などを設定するだけで自動的に売買をおこないます。

自動売買なので、自動で売買をするため感情や思考で左右されることはないので、初心者や時間のない忙しい人にも向いていますが、自由に売買するひとには向いていないでしょう。

また、大きな変動がおきたときに対応できないことや、比較的利益を得ることはできますが、必ず利益がでるわけではないので注意が必要です。

コンテンツが豊富

ひまわり証券には初心者にもわかりやすい教育コンテンツなどのような動画コンテンツやWebセミナーなど多彩なコンテンツがあります。

たとえば、情報番組であるひまわりFX Eveningチョイス、基礎知識に関する動画のひまわりFX Lessonチョイス、講師によるひまわりFX Seminarチョイス、会員限定の様々なコンテンツひまわりFX Fllowチョイスは、まだFXについてわからない初心者にFX基本情報から解説もあります。

そして、コンテンツにはひまわり証券で口座開設しなくても視聴できるものも多数あるのでFXに興味があれば一度視聴してみましょう。

「さきどりテクニカル」が利用可能

ひまわり証券のレギュラー口座にはさきどりテクニカルが利用できます。

さきどりテクニカルとは、過去の値動きを参考にして類似例を探し、自動的に未来の値動きを予想して売り、買いのタイミングを分かりやすく表示する取引ツールです。

難しい操作不要で、類似したチャートを3パターン表示しているなかから判断するので初心者にも取引しやすいといえます。

ひまわり証券の最新キャンペーン情報

ひまわり証券のスプレッド

スプレッドについてご説明します。…

スプレッドとは、取引をおこなう際の売値と買値の差額のことをいい、スプレッドが1銭の場合、取引1回につき100円のコストがかかるので、取引手数料ともいわれており、ひまわり証券ではレギュラー口座とループイフダン口座と口座によってスプレッドが異なるので注意が必要です。

例えば、基準スプレッド米ドル/円の場合、レギュラー口座は1.0銭、ループイフダン口座は2.0銭なので、自動売買で取引する場合は通常のスプレッドより高くなるので気を付けましょう。

ひまわり証券のデモ取引について

ひまわり証券にはデモ取引をすることが可能です。

それでは、ひまわり証券のデモ取引について解説しましょう。

ひまわり証券のデモ取引とは?

デモ取引とは実際のレートで、本番と変わらない取引ができる練習方法で、ひまわり証券にはFX専用デモ口座とループイフダン専用デモ口座があり、両方ともFXのデモ取引を体験できます。

仮の資本金300万円が最初から用意されており、その通貨を利用して取引ができますが、もし損失となっても現実に影響しないので、初心者にオススメです。

取引システムのダウンロードはこちら

各種ダウンロードについてご説明します。…

ひまわり証券にはPCやスマホのダウンロード先や各種プラグインなどの一覧があるので、自分にあったサービスを利用しましょう。

ひまわり証券をおすすめできる人

ひまわり証券は初心者にオススメです。

ひまわり証券の特徴のひとつである自動売買システムは、まだ取引に自信がない人も利用できるほか、コンテンツやセミナーなど豊富なためFXについて学ぶことができます。

つまり、まだFXについて勉強中やFXを始めたばかりという初心者にオススメといえるでしょう。

ひまわり証券の注意点

ひまわり証券で口座開設する場合、注意する点があります。

それは、口座開設にはマイナンバー(個人番号カードや通知カードなど)が必ず必要なこと、最小取引単位とスプレッドは口座によって異なること、レギュラー口座は裁量取引であり、ループイフダン口座は自動売買システムなので、取引の方法を予め選んで開設することです。

つまり、口座開設する前に必要書類を確認し、口座の特徴をよく理解してから開設手続きをおこないましょう。

ひまわり証券の口座開設方法

ひまわり証券の公式サイトからのの申し込みで簡単に開設することができます。

まず、申込フォームから名前や住所など必要事項を入力し、本人確認書類とマイナンバーをメールかFAX、またはアップロードで提出しましょう。

本人確認書類は個人番号カード(マイナンバーカード)なら1点でもOKですが、そのほかの場合は、顔写真付きの本人確認書類なら2点、顔写真がない本人確認書類ならば3点必要になります。

本人確認書類は、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート(2020年2月4日以降の申請パスポートは不可)、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード(顔写真入り)、各種保険証、各種年金手帳、住民票の写し・住民票記載事項証明書、印鑑証明書です。

本人確認書類を提出したら審査になるので、審査が完了した場合はIDが発行されるので、資金を入金してFX取引がスタートできます。

ひまわり証券のデモ口座申込ページ

FX取引のデモ口座のお申込みページです。デモ取引専用のログイン、アプリダウンロードはこちらから出来ます。本番さながらのリ…

ひまわり証券のデモ口座は、名前とメールアドレスを登録するだけでなので簡単に申込することができます。

インストール不要のWeb版や、安定して利用できるアプリ版もあるので環境にあった方法で利用しましょう。

ひまわりFX PROのインストール方法

ひまわりFXレギュラー口座のひまわりFX PROのインストールについてご説明します。…

ひまわりFX PROのインストールをするには、Abobe AIRのインストールを先に必要となるので、PCにない場合は先にインストールしましょう。

ひまわり証券のよくある質問

ひまわり証券を利用するときに、わからないことや疑問に感じることもあるでしょう。

それでは、ひまわり証券のよくある質問について解説します。

ループ株365とは?

ループ株365とは、株をを運用する口座で、一定の間隔ごとに自動的に株の売買を繰り返すシステムです。

初心者にも操作しやすい画面で、自動売買なので高度な分析やテクニックがなくても株取引ができます。

また、FXの操作性とほぼ同じなので、FX経験者にも気軽に始められるでしょう。

ログイン画面は?

ひまわりFXのWeb取引画面ログインフォームは、2020年12月末に終了し、新ログインフォームに変更となったので注意しましょう。

ログインできないときの対処法は?

ログインIDを忘れてログインができないと場合は、Web版ログイン画面でもお問い合わせフォーム、または郵送にてIDの再取得が可能です。

しかし、問い合わせをする場合は、平日の午前9時~午後5時までと時間が限られているので気を付けましょう。

ひまわり証券はどのポイントサイトを経由するのがお得?

ひまわり証券はポイントサイトを経由して口座開設することでポイントをお得にゲットすることができるので、ぜひ確認しましょう。

げん玉からひまわり証券の口座開設し、取引完了するとポイントが4.8倍の240,000ポイントもらえます。

アメフリからひまわり証券に口座開設を申し込んだ日から60日以内に、ループイフダン口座で新規100万通貨以上の取引を完了する、もしくはレギュラー口座で新規200万通貨以上の取引完了で、通常72,000ポイントが200,000ポイント、認証済みで90,000が250,000万ポイント獲得できます。

ひまわり証券のFXのチャートの確認方法は?

最新のFXレート・チャートをご覧いただけます。…

ひまわり証券のFXチャートの確認手順はつぎのとおりです。

まずチャートを表示させる個数を最大3個まで設定しましょう。

つぎに、通貨ペア、bid(売値)・ask(買値)、時間軸(日足など)を選択するとチャートが表示されるので、チャートにマウスをあてると4本値が確認できます。

ひまわり証券の解約方法は?

ひまわり証券の取引口座を解約する場合、必ず口座内の資金をすべて出金してから件名を「口座解約依頼」と表記しメールを送ると1週間ほどで手続きが完了します。

また、メールの本文には名前、フリガナ、ログインID、生年月日(西暦)、登録住所、メールアドレスを記載する必要があるので、記載漏れがないようにしましょう。

取引所CFDは終了?

取引所CFDとはContract For Differenceの略称のことで、差金決済取引を意味しており、くりっく株365はCFDを取引所にて取引するため、くりっく株365は取引所CFDとも呼ばれています。

ちなみに、ひまわり証券のCFD取引は2014年2月21日にサービスを終了しました。

ロスカットの設定はある?

ひまわり証券はロスカットの設定をすることができます。

ロスカットとは、もしもの損失に限度を設けておくことにより、損失額が一定額をこえると自動的にすべてのポジションが決済されることです。

つまり、ロスカットを設定することで、安心して取引ができるといえます。

ひまわり証券の住所変更は?

住所を変更する場合、メールで連絡する必要があります。

その場合、メールの件名に「登録住所の変更依頼」と記載し、本文にはログインID、氏名(フルネーム)、登録済みの住所、変更後の住所、連絡先の電話番号と連絡のとれる時間帯(サポートセンターが営業している時間内)を入力し、新しい住所が確認できる本人確認書類を添付、もしくはFAX、郵送しましょう。

まとめ|ひまわり証券は初心者でも使えるのでおすすめ

ひまわり証券は、FXを学べるコンテンツが豊富で、登録しなくても視聴できるコンテンツも多く、今からFXについて知りたい人にオススメです。

ほかにも、ループイフダンは自動売買システムなので、取引の分析がまだわからない人や、忙しい人にも向いているといえます。

つまり、多彩なコンテンツや自動取引システムは、初心者が安心してつかえるツールといえるので、FXに興味がある人はひまわり証券から始めてみましょう。