米ドル・ゴールド・ポンド・ビットコインに関して

  • 2021-04-24
  • 2021-04-24
  • news

米ドル、米ドル/円、米国債、米国10年債利回り、消費者物価上昇率

超人気「個人向け国債」が優れている3つの理由 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

アジア太平洋地域の株式市場は、債券利回りの低下と米国企業の堅調な業績を背景に上昇した。長期債利回りの低下は、短期的には米ドルの重荷となる可能性がある。

米ドル/円は重要なサポートを試している。下方へのブレークは近いのか。

~アジア・太平洋地域の概況~

アジア太平洋地域の株式市場は、米国の堅調な企業業績や債券利回りの低下を背景に、引き続き上昇した。オーストラリアのASX200(+0.21%)、日本の日経平均株価(+0.09%)、香港のハンセン指数(+0.61%)、中国のCSI300(+1.86%)などが上昇した。また、ビットコイン価格は、米国財務省が暗号分野の調査を開始するとの報道を受けて、昨日15%も下落した後、小幅に上昇した。 FX市場では、日本円、米ドル、英ポンドが大きく上昇した一方で、ノルウェークローネとスウェーデンクローナは主要通貨に対して下落、金価格は、米国の10年物国債の利回りが1ベーシスポイント低下したことから、プラチナやパラジウムとともに最近の上昇幅を拡大した。今後は、ユーロ圏の2月の経常収支と建設業生産高の発表が予定されており、経済指標の発表はあまり多くない。

~米国債利回りの低下が米ドル/円を押し上げる可能性~

3月31日に12ヶ月ぶりの高値を記録して以来、米ドルは日本円に対して大幅に下落した。これは、米国債利回りの低下により、キャリートレードの巻き戻しが顕著になったためだ。3月の消費者物価上昇率が予想を上回り、小売売上高が9.8%増加したにもかかわらず、長期国債の利回りは引き続き低下した。明らかに市場参加者は、より積極的な一連のデータを織り込んでいた。また、30年物オークションでは、需要の指標である入札倍率が過去の平均値を大きく上回り、長期債に対する強い需要があったことに不意を突かれたのかもしれない。さらに、バイデン大統領が超党派の政策立案者との会談で財政刺激策の縮小を示唆していることから、財政刺激策が予想よりも縮小される見通しとなったことで、デュレーション・トレードが再び流行し、日本円が対米ドルでの最近の上昇幅を拡大させる可能性があるといったことだ。 米10年債利回り日足チャート – ヘッド&ショルダー・トップでさらなる下降を示唆 テクニカルを見ると、10年債利回りがヘッド&ショルダーのトッピングパターンのネックラインを下回り、短期的に下降することを示唆するファンダメンタルズの動きが強まっているように見える。ここ数日、RSIは2020年10月初旬以来の低水準にまで落ち込み、トレンドを決定づける55EMAの傾きもプラトー化し始めており、モメンタムはかなり弱まっているようだ。これは、最小抵抗の道が下降に偏っていることを示唆している。1.53%のサポートを突破すると、おそらく下降圧力が強まり、55-EMA(1.48%)がうまく乗り越えられれば、ヘッドアンドショルダーの暗示的な測定値の動き(1.42)がもたらされう。このシナリオでは、10年物国債と日本国債の金利差が顕著に縮小するため、米ドル/円レートが下降する可能性が高い。しかし、利回りが安定し、心理的に厳しい1.60%のハンドルを再び上回れば、グリーンバックは対円での上昇を再開する可能性もあり得る。

~米ドル/円 日足チャート – 34-EMAが売り圧力を無効化~

米ドル/円相場は3月31日以降大幅に下落しており、心理的に重要な111.00ハンドルの上にしっかりとした足場を築くことができず、2%以上下落している。現在、価格は3月10日の安値(108.34)を探るために、34EMA(108.71)のモバイルサポートを突破しようとしている。しかし、RSIは40をしっかりと超えており、MACDは中立点を超えて推移していることから、下降の勢いは弱まっているように見える。108.30を超えて建設的な姿勢を維持すると、おそらく109.60~109.85のレンジ抵抗に向けて買い手が戻ってくるだろう。これをクリアすると、年初来高値(110.97)が再び視野に入ってくると考えられる。一方、108.30が放棄された場合、トレンドを定義する55EMA(107.97)への引き戻しがより長期化する可能性は十分にあると思われる。IGクライアントセンチメントレポートによると、49.02%のトレーダーがネットロングで、トレーダーのショートとロングの比率は1.04対1となっている。ネットロングのトレーダー数は昨日と変わらず、先週より13.18%多いが、ネットショートのトレーダー数は昨日と変わらず、先週より5.19%少ない。

トレーダーがショートであることは、米ドル/円の価格が引き続き上昇する可能性を示唆している。 現在のセンチメントと最近の変化の組み合わせにより、米ドル/円のトレーディングバイアスはさらに混沌としたものとなっている。

~EUR / USDテクニカル分析~

ユーロは強気のH&Sチャートフォーメーションを形成した後、上昇に転じたネガティブなRSIダイバージェンスは、下降局面の到来を示唆している。トレーダーのポジショニングにより、EUR/USDのトレンドガイダンスは混在している。ユーロの対米ドル相場は、予想通り強気のヘッドアンドショルダーのチャートパターンが完成し、上昇に転じた。実際、価格は1.19を目前にしてパターンの暗示的な上昇目標を上回り、1.20に迫る1ヶ月ぶりの高値を付けた。3月中旬に形成されたスイングトップを再確認したことで、早くも疲弊の兆しが見えてきたようだ。値動きは狭いレンジに留まっており、ネガティブなRSIダイバージェンスは上昇の勢いが弱まっていることを示しており、下降への反転の舞台となるかもしれない。最初のサポートは1.1947-51のゾーンで、これを下回れば1.1913を試す道が開かれる。この壁を突破すると、4月に入ってからの一連の高値・安値を更新することになり、トレンドの変化を示唆することになる。あるいは、1.2021を超えることができれば、次は1.21が視野に入ってくる。IGクライアントセンチメント(IGCS)のデータによると、市場参加者の64.6%がEUR/USDをネットショートしており、ショートとロングの比率は1.83対1となっている。これは一般的に逆張りの指標として用いられ、トレンドのバイアスが利上げに傾いていることを示唆している。しかし、昨日に比べてネットショートの度合いは低く、フォロースルーが実現した場合には再編成の可能性がある。しかし、1週間前に比べてショートサイドの傾向が強くなっているため、忍耐が必要だ。

ゴールドテクニカル分析

ビットコインなど他の反米ドル市場が高値を飛び続ける中、金価格は相対的に穏やかな状態を示し続けている。 長期的には強気のトレンドが継続しており、短期的には強気のブレイクアウト形成の可能性が見え始めているため、金には強気のドライブがあるかもしれない。金価格は強気のブレイクアウトの可能性を示唆し続けている。強気の価格行動の可能性は残っている。しかし、現時点では、ビットコインが史上最高値を更新したことで、反米ドル感情の多くが暗号通貨市場に流れている様に見えなくもない。

 

昨年の夏には、金価格が史上最高値まで上昇し、イエローメタルが強く買われていたため、金にとっては必ずしもこのような状況ではなかった。しかし、8月7日に弱気のエンゲージメントパターンが現れた後、スイッチを切ったように弱者が襲いかかり、それ以来、状況は一変した。最初はすぐに引き戻されたように見えたが、長期的なカウンタートレンドの動きになった。主に2018年に始まった大きな動きによって作られたフィボナッチ・リトレースメントと並置されたプライスアクションから、大局的なテーマにおいて過去8ヶ月間をプルバックと分類する余地はまだある。現時点では、プライスアクションがその大きな動きのリトレースメント38.2%の周辺で推移しており、この大局的なテーマにおける強気のトレンド継続の扉が開かれたままになっている。

~1680の大台~

長期的な強気の上昇トレンドが長期的な戻しに入っているという現状を考えると、いつ買い戻しに入るかが大きな問題となる。先週、金価格がダブルボトムを形成したように、強気の可能性があるかもしれない。3月初旬には1680円がサポートとなり、月後半には再び1680円がサポートとなった。しかし、この2回目の拒絶が反転のきっかけとなる可能性があり、フォーメーションの「ネックライン」をブレイクすることで、新たな強気のトレンドへの扉を開くことができる。このネックラインを、1755~1760年頃までの過去のサポート/レジスタンスのスポットに注目しています。このレベルを突破すると、ダブルボトムが確認され、金のトップサイドへの扉が開かれると予想できる。

英国ポンドの見通し

年初から青空が広がっていた英ポンドだが、4月に入ってからは雨ばかりが続いている。しかし、4月は季節的に英ポンドが強気になる傾向があるため、いくつかの英ポンドクロスが重要なサポートに近づくと、損失を食い止めることができるかもしれない。最近のトレーダーのポジショニングの変化は、英ポンドのバイアスがほぼ混合していることを示唆している。英ポンドはサポートに向かってスライドしている。当四半期の初めには、「EUの輸出政策の変化により予防接種の供給に懸念が生じても、英国経済は他の先進国よりも早くパンデミック前の生産量に戻る軌道を維持しているようだ」と指摘されていた。この懸念は十分に理解されていなかったようだ。英国のワクチン接種率が低下したのは、供給の問題もあったためで、英国ポンドの魅力は失われた。世界の株式市場が史上最高値を更新しているにもかかわらず、英国ポンドは安全通貨に対してさらなる上昇を遂げることができず、かつて苦境に立たされたユーロでさえも見事な復活を遂げた。現在、英国ポンドは主要なGBPクロスの中で重要なサポートに向かっていることから、重要なテクニカルテストが待ち受けていることが示唆されている。”GBP/JPYレートは、2月下旬に遡る相対的な上昇チャネルに留まっている。過去2週間でほとんど進展がなかったにもかかわらず、今月初めに見られた極端な強気のモメンタムのいくつかをチャートが消化したことで、ペアはさらなる上昇のために十分なポジションを維持している “と述べた。チャネルレジスタンスにタッチした後、ペアは過去2週間で急速に下落し、チャネルサポートに戻っている。モメンタムはほぼ完全に弱気の姿勢に移行しており、過去2週間の状況の急激な変化を強調している。GBP/JPYのレートは、日足の5-、8-、13-、21-EMAの包絡線を下回り、これは弱気の順序になっている。日足MACDは引き下げを続け、シグナルラインを下回りそうな勢いで、日足スローストキャスティクスはすでに弱気の領域に落ちている。

ポンド/円は、上昇トレンドの重要なテストに直面しており、3月下旬のスイング安値と2020年の高値/安値レンジのフィボナッチリトレースメント76.4%の合流点である148.53/91付近を下回れば、上昇トレンドが正式に終了したことを示唆する。ポンド/円は48.83%のトレーダーがネット・ロングで、ショートとロングの比率は1.05対1となっている。ネット・ロングのトレーダー数は昨日より6.73%少なく、先週より15.79%多いのに対し、ネット・ショートのトレーダー数は昨日より2.89%多く、先週より2.97%少ない。我々は通常、群集心理に逆らう見方をするが、トレーダーがネットショートしていることは、GBP/JPYの価格が引き続き上昇する可能性を示唆している。ポジショニングは、昨日よりもネット・ショートであるが、先週よりもネット・ショートではない。現在のセンチメントと最近の変化の組み合わせにより、GBP/JPYのトレーディングバイアスはさらに混沌としたものとなっている。前回は「GBP/USDは最近、2020年3月と11月の安値からの上昇トレンドを失い、過去3日間のプライスアクションは弱気な形で解決している-夕焼け星型のローソク群で、パンデミックトレンドラインをレジスタンスとして扱っている」と指摘した。重要なテストは、2018年の高値/2020年の安値のレンジのフィボナッチリトレースメント76.4%の1.3677に到着しており、ここまではプルバックが抑えられています。このレベルを下回れば、3月の安値を突破したことになり、より深い後退が必要であることを示唆している。”現在のサポート領域の重要性を強調するには、より多くの文脈が必要だ。GBP/USDのレートは、1.3614にある2014年7月高値/2020年3月安値のレンジの38.2%リトレースメントと、1.3711にある2007年11月高値(史上最高値)/2020年3月安値のレンジの23.6%リトレースメントとも戦っている。事実上、1.3614/711の間の100ピップに近いエリアは、GBP/USDの強気派にとってメイク・オア・ブレイクのレベルと定義することができる。

英ポンド/米ドルの強気派にとっては、ここ数日、幅広い米ドル安に支えられて、このサポートから上昇していることになる。しかし、最悪の事態が終わったと考えるのはまだ早いかと思われる。結局のところ、このペアは2月と3月のスイングハイからのダウントレンドと、パンデミックのアップトレンドの中にとどまっている。。GBP/USD: 61.63%のトレーダーがネットロングで、ロングとショートの比率は1.61対1となっている。ネットロングのトレーダー数は昨日より3.39%高く、先週より2.31%低い一方で、ネットショートのトレーダー数は昨日より0.64%低く、先週より10.25%低い。通常、群集心理に逆らう見方をしますが、トレーダーがネットロングしていることは、GBP/USDの価格が引き続き下落する可能性を示唆している。トレーダーは昨日と先週よりもさらにネットロングとなっており、現在のセンチメントと最近の変化の組み合わせにより、GBP/ USDの弱気な逆張りの取引バイアスが強くなっている。

インターアップデイト期間中に偽の弱気のブレイクアウトが出現した。前回では、”ブレイクアウトは失敗して反転した。EUR/GBPは下降トレンドラインのレジスタンスの上に戻っており、0.8731のコンソリデーションレジスタンスに戻る可能性を示唆している “と示唆したが、失敗したブレイクアウトは、その前のコンソリデーションに戻ることで、コンソリデーションの反対側が試されることが多い」という考え方に沿って、EUR/GBPレートは、2月下旬のスイング高値0.8731と、2020年の安値/高値レンジのフィボナッチリトレースメント61.8%である0.8747に向かって上昇している。日足ストキャスティックスは買われすぎの領域に位置し、日足MACDはシグナルラインを通過して上昇傾向にあり、日足EMAエンベロープは強気の順序にあるなど、強気のモメンタムがしっかりしていることから、0.8731/47付近のレジスタンスゾーンに向けてさらに上昇する可能性がある。EUR/GBP48.17%のトレーダーがネット・ロングで、トレーダーのショートとロングの比率は1.08対1となっている。ネット・ロングのトレーダー数は昨日より4.55%少なく、先週より11.91%少ないのに対し、ネット・ショートのトレーダー数は昨日より0.18%多く、先週より13.45%トレーダーがショートしていることは、EUR/GBP価格が引き続き上昇する可能性を示唆している。トレーダーは昨日と先週よりもさらにネットショートしており、現在のセンチメントと最近の変化の組み合わせにより、我々はより強いEUR/GBP強気のコントラリアン取引バイアスを持っている。

ビットコインネットワークのハッシュレート低下はBTC価格暴落の原因ではないかもしれない

中国のビットコインマイニングの著名な地域が電力網の停電に見舞われ、ビットコインのハッシュレートが低下した。ビットコインの価格は週末に暴落し、ネットワークのハッシュレートの低下と一致した。

しかし、ビットコインのハッシュレートは20%しか低下しておらず、暗号通貨の下落の主な理由ではないと考えることも出来る。中国の新疆ウイグル自治区における最近のブラックアウトにより、いくつかの中国のビットコインマイニング事業のハッシュレートが低下した。複数のトレーダーが、ビットコイン価格の暴落とハッシュレートの急落との相関関係を示唆しているにもかかわらず、一部の人々は同じコンセンサスに達していない。中国の電気グリッドの停電がビットコインのハッシュレートの下落につながった中国の新疆ウイグル自治区では、炭鉱の爆発による大規模な停電に直面しました。著名な暗号アナリストによると、ビットコインのハッシュレートは瞬時に30%低下し、新疆ウイグル自治区と四川省は合わせてビットコイン全体のハッシュレートの50%以上を占めていると、Primitive Crypto社の設立パートナーであるDovey Wan氏は述べている。Compass Mining社の共同創業者であるThomas Heller氏は、週明けに起きた炭鉱事故に関連して、新疆ウイグル自治区のマイニングファームが4月16日に閉鎖されたと説明している。

Coin Metrics社の共同創業者であるNic Carter氏によると、来週の回復状況から、ビットコインネットワークにおける新疆のシェアを推定することができる。また、新疆ウイグル自治区のグリッドがダウンし、それがビットコインのハッシュレートに影響を与えることは、経済学者が「自然実験」と呼ぶものであり、有用なデータソースとして機能する可能性があると付け加えた。

~ビットコイン価格とハッシュレートの相関関係~

著名なアナリストであるWilly Woo氏は、ビットコイン価格とハッシュレートは常に相関関係にあると示唆している。また、ウー氏は最新のハッシュレートのデータを6時間移動平均で見て、ほぼ完全に回復していることを示唆しています。アナリストは、これは市場に参入しようとしている人々にとって、大規模なバイイング・ザ・ディップの機会になる可能性があると示唆した。ビットコインのネットワークでは、1日平均約144ブロックが採掘され、ネットワークの難易度調整は2016ブロックごとに行われている。ハッシュレートの低下により、ブロックの採掘が遅くなり、難易度調整が発生する前の2016ブロックに到達するまでに時間がかかることになる。

~ビットコインの修正は単因性ではない ~

ビットコイン価格は、週末に大規模な下落に見舞われ、史上最高値に達したときの利益のほとんどを帳消しにしてしまった。またウー氏は、ビットコインの売りは、中国でマイナーがオフラインになることを予想して、短期的な投機家のポジションを清算するきっかけになったことも原因だと指摘している。9,000ビットコインがBinanceに送られましたが、これは中国での出来事をより詳しく知っている人たちからの売りだとWoo氏は指摘している。さらに、オンチェーン・アナリストは、Binanceは欧米よりもアジアでより多くのボリュームを提供していると指摘している。また、デリバティブ市場での四半期ごとの先物取引も、ビットコイン価格の暴落に貢献した。ビットコイン価格の急落にもかかわらず、ウー氏は長期的なファンダメンタルズは強いと指摘している。The Block社のリサーチディレクターであるLarry Cermak氏は、ハッシュレートの急落が最近のBTC価格暴落の原因であるという議論を否定しています。しかし、同氏は、中国での電気系統の停電により、ハッシュレートが20%程度低下した可能性を認めています。彼は以下の様に述べた。

「笑えるのは、ハッシュレートが40%下がったと言われていた時と全く同じレベルにあることです。何の変化もなく、ただ統計的に不正確な計算が行われているだけです。ピーク時からはまだ20%ほど下がっています。」Cermakは、大規模なラリーの後には、特に週末は通常、市場の流動性が低くなるため、修正は自然なことだと説明している。ビットコイン価格の上昇は、先週のCoinbaseの直接上場にまつわるポジティブな感情に後押しされたものです。Cermakは付け加えた。この市場での最良のアドバイスは、理由を探すのをやめて、いつも起こっている20%の大きな下げに備えておくことが大切である。また、今回のビットコイン価格の下落を招いたのは、市場の疲弊によるものだったかと考えられる。同氏は、市場が数週間にわたって駆け上がってきたこと、トレーダーが過剰なレバレッジをかけてきたこと、そして “多くのネガティブなナラティブが収束している “と結論づけた。Blockstream社のCEOであるAdam Back氏は、多くの人が “高分散のブロックインターバルから短すぎるサンプル期間を誤って外挿している “グラフを誤読し、それに依存していると指摘した。また、低サンプルレートのバイアスにより、ハッシュレートが過小評価されているグラフもあると付け加えた。

FXブロードネット