2021年4月15日 金と銀の買いはなされるべき

  • 2021-04-15
  • 2021-04-13
  • news

金と銀の買いはなされるべき

貴金属市場は今週、ブレイクアウトに苦労している。木曜日までブレイクアウトが行われているように見えたが、金曜日にブレイクアウトのアイデアに少し水をかけるためにここで少し引き戻しが見られた。 金属市場は、米ドル指数の下落に支えられた。先週、他の法定通貨と比較して5か月ぶりの高値に回復した後、米国の高官がインフレと経済について噴出している間、ドルは下落した。連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長と財務長官のジャネット・イエレンは木曜日、国際通貨基金と世界銀行のグローバリストの同僚に発言した。 イエレンは、バイデン政権の数兆ドルの新型コロナウイルス救済とインフラ計画を宣伝した。彼女は他の国々にも財政支出を大きくするよう促した。

イエレン長官はまた、世界的に調整された増税を推進している。バイデン政権が提案するように米国が法人税率を引き上げれば、低税国はビジネスと投資の流入を引き付ける上で競争上の優位性を享受するかと思われる。 この種の税競争を防ぐために、イエレンは、グローバルな合意によって設定および施行されるグローバルな最低法人税率を提案しており、自国の税率をあえて引き下げる国は、高税国のカルテルによって罰せられるだろう。イエレンと彼女のグローバリスト同盟国は、高課税自体が有害である可能性を想像できないようだ。すべての国がより高い税金を採用した場合、生産的な仕事とタンデムへの投資を思いとどまらせることによって必ずしも利益を得るとは限らない。 バイデン政権の税金と支出政策の積極的な追求は、ビル・クリントン時代の否定のようなものを表している。

今日の基準では、クリントンは本質的に財政的に保守的だった。彼はバランスの取れた予算に署名し、福祉改革を支持し、「大きな政府の時代は終わった」と有名に宣言した。それ以来、民主党員と共和党員の両方が財政規律を放棄した。彼らは、大きな政府支出プログラムを促進するために、ますます連邦準備制度に頼ってきた。 バイデン大統領が元FRB議長、そして現在のFRB議長の長年の同僚を財務長官に選んだのは偶然ではない。中央銀行は独立した組織であると想定されているが、財務省とFRBは効果的に連携して運営されている。今週、バイデンは、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長とも話をしていないと主張した。しかし、彼はドナルド・トランプ大統領ほど金融政策に関与していませんが、それは彼の政権が政府の小切手帳を担当するジャネット・イエレンではなく、実践的なアプローチを取っていることを意味しない。以下のようなやり取りがあった。

ニュースレポーター:連邦準備制度理事会のジェイ・パウエル議長とはもう話しましたか?

ジョー・バイデン大統領:私はしていません。

ニュースレポーター:理由を教えていただけますか?すぐに彼と話す予定はありますか?

ジョー・バイデン大統領:私はそうではありません…ほら、連邦準備制度は独立した活動だと思います、そして私の大統領職から始めて、私はこれまでに行われたようなことをするつもりはないことを本当に明確にしたいと思います前回の政権では、司法長官に、誰を起訴するのか、起訴しないのか、どのような状況で起訴するのかについて話し合った。またはFRBが彼らに何をすべきか、何をすべきでないかを伝えます。それは私が彼らと話している基礎ではないでしょうが。だから私は彼らと話をしないことに非常に気を配っていましたが、私は財務長官と話をします。

ニュースレポーター:どうもありがとうございました。

バイデン大統領は、金融政策に関しては、遠ざかる余裕がある。彼は、FRBが彼と議会が何とかやり遂げることができた赤字支出に対応することを知っている。 現在の政治的および経済的勢力は、ジェラルド・フォード大統領とジミー・カーター大統領の下で1970年代後半にさかのぼる。景気低迷とインフレが相まってスタグフレーションを引き起こした時期だった。 大きな政府の解決策が失敗したことで、政府が問題であると宣言したロナルド・レーガンが生まれた。一部の政治専門家は、ジョー・バイデンの大統領職がカーターズのように演じている可能性が高いと見ている。 バイデンのドル安政策が経済にとっても国全体にとっても良いと思うかどうかに関係なく、それらは貴金属市場にとって素晴らしいかもしれない。カーター時代に金と銀の価格は爆発的に上昇した。バイデン大統領のこれまでのところ、金属の大幅な増加は見られなかったが、地金の購入が大幅に急増した。

金と銀への投資需要が価格変動の前兆である場合、価格爆発が起こる可能性がある。地金のディーラーは、この最近の購入の波のようなものを何年も見たことがない。 昨年8月の過去最高の2,100ドルから引き戻した後、金はベースアウトし、数年以内に3,000ドル以上に達する可能性のある新鮮で重要なレッグに向けて準備を進めている場合がある。同時に、銀への投資需要はここ数ヶ月で産業需要を上回っている。これは通常は決して起こりません。これらは通常の時間ではない。 銀は金銭的性質のない単なる工業用金属であると主張する人々は完全に間違っている。銀貨が時代を超えてお金として流通してきたという事実は、多くの人々が紙の現金の代わりにインフレに強い代替手段として、代替可能な価値のある店として銀に目を向けている理由と関係がある。金と銀の富を保護するためのケースは、ジョー・バイデン、ジャネット・イエレン、またはジェローム・パウエルが口を開くたびに行われる。彼らがしていることについて話していることはすべて、より多くの支出、より多くの借り入れ、そしてより高いインフレを伴う。

金価格分析とニュース

金は 米国の消費者物価指数を待っている。米国の実質利回りは依然としてゴールドディレクションの最良のガイドである。

金を見る際に、注目しておきたいポイントに関して以下のとおりである。

金は米国のCPIデータ

週のバックエンドに向けて下落したにもかかわらず、金の価格行動は、貴金属がダブルボトムを形成しようとしたことで幾分勇気づけられた。米ドルと米国の利回りの軟化の集大成が金価格の大部分を支えられたが、1760〜65ドルの主要分野は引き続き上昇を抑えており、リスクを低く抑えている。

来週に向けて、主な焦点は米国の消費者物価指数の測定値にある。これは、金価格が抵抗を打ち破ったのか、1700ドルに戻るのかを決める重要な要素だ。見出しのCPI率が予想通りであった。しかしコアはわずかに柔らかかった。次に、米国の利回りが低下したことに基づいて、金の初期反応はより高かった。これに加えて、市場がインフレの急上昇が来ることに固執していることを考えると、数字にわずかな失望が見られた場合、これは1760-65ドルの違反の良い根拠を与える可能性がある。これの背後にある考えとして貴金属の最大の決定要因だったかと思う。

注目すべきゴールドレベルに集中する彼のメインエリアは、米国の利回りが低く動きが助け金を必要とされるであろうに$ 1760から1765年、ある破るこの抵抗だということだ。このエリアが壊れた場合、これは1790-1800への移行への道を開く。反対に、1670ドルを下回ると、潜在的な回復が無効になり、1600ドルへの扉が開かれる可能性があるといったことになる。

日本円のファンダメンタル予測

リスクのない日本円は、避難所にリンクされた米ドルのように、休日にもかかわらずあまり愛されることなく新年に向かう。しかし、いつもそうだったわけではない。新型コロナウイルスのパンデミックのおかげで、当初は金融市場が台無しになり、通貨に対する需要が高まったため、基準を破った年になった。しかし、経済に刺激を与えるための中央銀行と政府の間の世界的な調整は、市場のボラティリティを冷やした。これにより、米国からインドまで、世界の一部の株式が過去最高を記録した。連邦準備制度理事会、ECBおよび日銀の12月の金利決定により、彼らの資産購入プログラムはここにとどまる。これにより、特にオーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどの成長連動通貨に対して、日本円は脆弱な立場に置かれる。しかし、市場は一直線に動いておらず、トレーダーが第1四半期中に注意しなければならないリスクがある。

ジョージア州の2つの上院の流出は、議会の上院の構成を決定する。政策立案者が連邦政府による立ち退き禁止を延長しない限り、約7〜140万の米国の世帯が立ち退きの通知に直面する。一方、世界がワクチン接種の旅を始めるにつれ、Covidの症例はさらに高くなっている。

また、日本では緊急事態宣言が解除されたもののまん延防止等重点措置を要請し政府が認可したことにより明日4月12日から5月11日までの一カ月間外出の自粛とゴールデンウィーク中の旅行の自粛を促した。都内の人手を抑制するため外出は買い物など必要最低限に抑え、オンライン会議などを活用するように呼びかけを行った。東京以外にも京都・沖縄に適用され、以前からは大阪・兵庫・宮城だ。菅首相は緊急事態宣言に至らないよう感染防止に努めたいと発言しており、集中的な対策を行うと強調した。全国各地新型コロナウイルスによる猛威は抑えることが出来ておらず、感染者数は日に日に増加している。東京都の小池知事は先頬の文章でゴールデンウィーク中のが委縮自粛を都民に心がけるようにお願いをしたが、子の機関こそが正念場ともいえる。また、夏には東京オリンピックや学生の夏休みなどの連休とイベントや行事が控えており更なる人の移動が予想される。with コロナと掲げているスローガンは今後本当に達成を成されるのか疑問に思える。また、政府の分科会の尾身茂会長は記者会見で東京を重点措置の対象にする以上、生活圏を同じくする埼玉、千葉、神奈川も含めるべきではないかという意見もあった。緊急事態宣言よりも機動的に先手を打つことができるのが重点措置の特徴なので、各県の東京都に接する地域などで状況が悪くなれば遅れることなく適用を検討するべきだと考えている」と述べた。

FXブロードネット