2021年4月14日 世界の展望

  • 2021-04-14
  • 2021-04-13
  • news

価格予想2021年 EUR / USDユーロドルの長期強気ブレイクアウトポイントは1.2750である

パンデミックは2020年に金融市場と世界経済を混乱させ、ドルは全体的な影響を及ぼした。EUR / USDペアは、2018年に最後に見られたレベルに達し、その年のピークである1.2554からそれほど遠くはない。ほぼ1年の悲観論の後、投資家は頑固に楽観的であり、ウォール街は記録的な高値で取引されている。そしてこれは、主要経済国が数十年で最大の経済収縮を記録してからわずか数か月後に起こっている。

2019年の終わりまでに、中国で発生した新しいコロナウイルスはレーダーの下にあった。3か月後、それは世界に氾濫し、それを封じ込めるには遅すぎた。最初にイタリアに到着し、ニューヨークを震源地として、すぐにアメリカに萬栄した。世界は止まった。封鎖は拡散を封じ込めることができず、ウイルスを部分的に制御するのにちょうど十分だった。しかし、経済への害はすでに行われている。世界の国内総生産は今年の第2四半期に崩壊し、一部の経済は他の経済よりも好調だった。当初のニューヨークでの厳しい制限を超えて、トランプ米大統領が経済を保留することを拒否したため、おそらく米国政府がパンデミックに対処した方法のために、パニックはドルを助けなかった。新型コロナウイルスについては政治の政策にまでの影響を及ぼした。トランプ氏は民主党のライバルであるジョー・バイデンへの再選を失ったので、それはまた彼に政府を犠牲にした。2020年が終わると、いくつかのワクチンが緊急承認を受け、世界の最初の人々が命を救う注射を受け始めた。銃乱射事件はまだ遠いだけでなく、その有効性に関する知識もある。社会的距離、フェイスマスク、在宅勤務は、2021年まで続く可能性が高い新しい通常の一部だ。消費は大きく変化した。制限措置は余暇活動なしで世界を去った。そして、世界のコストは数十億単位になる可能性がある。中小企業や多国籍企業は破産し、中央銀行が大規模な緩和で市場を氾濫させた後でもそれは起った。確かに、経済は第3四半期に回復したが、特に第三世界では、所得の不平等と極度の貧困レベルの中で、パンデミック前のレベルへの道は長く苦痛になる。

ECBとFRB

3月、中央銀行は、パンデミックによる経済への悪影響に対抗するための大規模な緊急プログラムに着手した。米連邦準備制度理事会は、今後数か月の間に少なくとも7,000億ドルの資産を無制限に購入すると発表した。12月の会合で、FRBは超緩い政策を維持し、雇用とインフレの目標に向けて「実質的なさらなる進展が見られるまで」とその事実を延長すると発表した。その間に、中央銀行は平均インフレ目標を採用した。これにより、インフレが2%の目標を超えた場合でも金利を維持することが出来るといったことになる。金利は今後数年間、記録的な低水準にとどまると予想される。

欧州中央銀行は、最初の1,200億ユーロのパッケージを発表し、その直後に、年末までに7,500億ユーロの新しいパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を発表した。PEPPは6月に少なくとも2021年の同じ月末まで1.35兆ユーロに拡大された。12月の会議で、ヨーロッパの政策立案者は再び刺激プログラムを1.85兆ユーロに拡大し、最低でも2022年3月まで購入を延長した。金融刺激策は、ヨーロッパや米国だけでなく、とどまっていく。世界中の大手銀行が同様の措置を採用している。経済がウイルスと制限に苦しんでいる限り、金融刺激策のペースは高いままだ。景気回復は2021年の景気刺激策の減少を意味する可能性があり、ウォール街が打撃を受ける可能性がある。

世界的な回復への革新

米国の国内総生産は、第2四半期の31.4%の落ち込みに続き、今年の第3四半期に前年比33.1%急増した。EUでは、前年同期比13.9%縮小し、第3四半期には11.6%回復した。EUでは、雇用者数は今年の第2四半期に2.8%減少し、9月までの3か月間に0.3%増加した。米国については、3月から4月にかけて約2,200万人の雇用を失い、5月から11月にかけて約半分の雇用を回復することができた。新型コロナウイルス伝染の第2の波は、夏が終わって以来、2つの経済に等しく打撃を与え、米国とヨーロッパで異なるレベルの新たな制限をもたらした。それでも、ワクチンの供給は景気回復と雇用を抑制する可能性がある。ゴールドマンサックスは、50%のワクチン接種人口が「米国と英国では4月、カナダでは5月、EUとオーストラリアでは6月、日本では7月に現実的に見える」ことを示すレポートを発表した。

世界は2021年半ばの経済復帰に賭けています。それは可能ですが、不平等は続くかと思われる。パンデミック前の雇用水準に到達することは予見可能な将来の範囲外ですが、インフレについては言及する価値さえない。消費の落ち込みは、最も悲観的な中央銀行の推定よりも長く抑制され続ける可能性がある。 とにかく、市場の混乱にもかかわら楽観主義はより広い視点で支配し、あちこちで安全な避難所の需要に拍車をかける。

ジョー・バイデン、中国と貿易戦争

パンデミックが世界を席巻する前は、ワシントンと北京の間の貿易摩擦が宇宙の中心だった。世界が正常に戻ったら、これは再び注目を集めるだろうか?それは可能だ。米国大統領ドナルド・トランプ氏は、再選されない唯一の4人の現職者の1人になった。ドナルド・トランプ氏は最後までジョー・バイデン氏に勝利を譲ることを拒否していた。選挙人団は民主党のジョー・バイデンが大統領に当選したと宣言した。バイデンが最初に言ったことの中には、彼は中国に圧力をかけ続け、不公正な貿易慣行と戦うだろうというものがあった。彼はキャサリン・タイを次の米国通商代表部に指名した。ジョー・バイデンは、「貿易は、より良い復興と外交政策、つまり中産階級のための外交政策を実行する能力の重要な柱になるだろう」と述べた。通貨安は必ずしも悪いことではない。ドル安は米国の回復を早めることに貢献する可能性がある。逆もまた有効であり、経済の進歩を支える高価な通貨があるということになる。

EUR / USD価格の技術的展望

共有通貨は3月から12月の間に回復し、約2年でほとんどの地盤が失われた。EUR / USDペアは、2018年2月に1.2554に触れて以来、弱気の傾向にある。それはそこからすべて下り坂であり、今年3月にペアは1.0673の複数年の安値を記録した。その後の回復により、ペアは2018年4月に最後に見られたレベルのままになった。はるかに広い視点で、ペアが1.6036に達した2008年7月以来、クマはEUR / USDを支配してきた。このような高値からの下降トレンドラインは過去数ヶ月で破られたが、12月にのみ、ペアは強気のブレイクアウトを確認するのに十分な勢いを得た。次の論理目標は1.2554であり、この最後を超える追加の上昇は、長期的な強気の継続を示している。ブルズがこの最後を超えてペアをプッシュすることに成功した場合、ペアの周りにいくつかの月間安値があるため、1.2750の価格帯が次のラインになる。ペアが1.2000のしきい値を失うと、ブルズは落胆するが、ペアが年の第1四半期に1.1600を下回らない限り、長期トレンドラインを下回るレベルに戻るため、諦めないかと思う。そのような場合、より低い安値が作用し、ペアは、2016年12月に投稿された数十年の安値である1.0351に向けて下落を拡大する準備ができている。

YJFX!