2021年4月7日 今後の金の動向

  • 2021-04-07
  • 2021-04-07
  • news

最近の市場は暗号通貨市場が白熱しており、以前まで投資家の主軸の一部となっていた金取引は落ち着きつつあるといったのが現状である。投資家の需要は最近薄れつつあるが、金自体のの魅力は持続すると考える。直近で言うと、ドルと米国債の利回りの後退、一方、米国は厳しい失業のデータは景気回復の見通しを曇らせ、金属の安全な避難所の魅力を生むことが分かっているということだ。

価格が2,000ドルを超えたところで下落をした。 まず、昨年の物価高騰のきっかけとなった要因として、コロナウイルスが世界中に広がると、それは世代で最大の健康と経済の危機を引き起こし、投資家は株式市場の暴落の中で金などが安全な資産の避難所としての役割を果たしていた。その後、封鎖やその他の制限の潜在的な経済的崩壊が明らかになると、世界中の中央銀行はほぼ無限の金額を印刷することを余儀なくされ、金の需要とその限られた供給量をさらに押し上げた。現在、ワクチンが世界的に展開されているため、健康危機は後退しているように見えるが、投資家は株式や株式に殺到し、世界中のインデックスの大部分がパンデミック前のレベルに戻っているようにも見える。安全な避難所資産としての金の魅力はここ数ヶ月で減少しているが、中央銀行がすぐにマネータップをオフにする兆候がなく、価値のある店が輝き続けているため、それは他の主要な投資家の特徴です。

中央銀行はまた、外貨準備の一部が静かな2020年以降に戻ってきているため、現物の金を購入する意欲を示しています。ポーランド中央銀行は、今後数年間で少なくとも100トンを購入する計画を発表した。一方、ロシアの最大の買い手は最近、更新された購入に再び暖まっている。復活した株式市場は明らかに金に大きな逆風をもたらすが、景気回復は非常に初期段階で脆弱なままであり、現在の楽観主義を打ち破るのにいくつかの否定的なニュース項目やデータリリースが必要だ。したがって、5〜10%の修正は完全にもっともらしいものであり、金は「リスクオフ」環境の勝者の1つである可能性がある。景気回復が投資家によって値付けされたように思われるほど衰えることなく続くと仮定すると、これがインフレに与える影響について懸念があるということだ。価値の究極の貯蔵庫である金と、価値の沈黙の破壊者であるインフレとの相関関係は特に明確ではない。一方で、インフレに対抗するための金利の上昇は、金のリターンの欠如が高金利環境でその魅力が低下することを意味するため、金にとって弱気だということだ。インフレの主な原因の1つが中央銀行による大量の量的緩和であるとすると、それは金とその有限商品としての魅力に戻ると言える。

2020年の過去最高値への復帰はあまりにも多くのことを求めているかもしれないが、中期的な見通しは慎重に楽観的であり、株式市場のさらなる変動に対抗する価値のあるヘッジであり、投資家に通貨のほぼ無制限の流動性の時に有形資産を提供する市場だということだ。 また、ある記事ではインフレ圧力が後退するにつれて、利回りの後退が続くと金価格の回復の可能性を排除するともあった。

FXブロードネット