【IG証券】評判・メリット・デメリット【IG証券FXトレード】

前回は口座開設について説明していきました。

今回はIG証券『IG証券FXトレード』の評判・メリット・デメリットについて説明していきたいと思います。

目次
まとめ

IG証券『IG証券FXトレード』とは?

IG証券『IG証券FXトレード』とは文字通り外国為替証拠金取引(FX)です。

取引通貨ペアの多さや安心感が魅力のIG証券『IG証券FXトレード』。

今回はそんなIG証券FXトレードの評価を見ていきます。

IG証券FXトレードのメリット

IG証券FXトレードのメリットから見ていきます。

はじめに良い評判をまとめてみましょう。

GOOD!
  • 大手企業なので安心感がある!
  • 取引可能通貨ペアが多い!
  • バイナリーオプションもCFDも同一口座で取引可能!

ツールが高性能で、信頼できる業者であるという評判が多く見受けられました。

大手企業なので安心感がある!

IG証券の親会社であるIGグループは40年以上の長いキャリアがあり、世界3大証券取引所であるロンドン証券取引所に上場しています。

また預けた資金は三井住友銀行の信託口座で分別管理されているため、万が一IG証券が倒産しても差し押さえられることはなく、無事に返還されます。
そして金融庁から金融商品取引業者と認可されているので、信頼性は高いと言えます。

取引可能通貨ペアが多い!

FXでの取扱通貨ペア数は約100種類と、他社と比べて圧倒的に多い種類を揃えています。
主要な通貨の米ドル円(USD/JPY)やユーロ円(EUR/JPY)をはじめ、新興国通貨である南アランド円(ZAR/JPY)にトルコリラ円(TRY/JPY)、そして日本で唯一ブラジルレアル円(BRL/JPY)を取り扱っています。

他にも多くの通貨ペアが揃っているため、こちらの公式サイトから一度取り扱い通貨ペア一覧を確認してみるのもおすすめします。

バイナリーオプションもCFDも同一口座で取引可能!

上で取引可能通貨ペアが多いことを書きましたが、IG証券ではFX/CFD取引システムにおいて多数の資産クラスを提供しています。

主要な株価指数なら24時間取引が可能で、FX取引に加えて日経平均やダウ平均、世界各国の約8,000銘柄個別株や金、更には原油などの取引を行うことで自分の利益を増やすチャンスが得られるかもしれません。

またバイナリーオプションも同一口座で取引できる点も魅力です。
バイナリーオプションに関してはFX、株価指数、商品バイナリーを含め業界最多の22銘柄の提供を行っており、取引の種類もラダー、ワンタッチ、レンジと満足できる内容となっています!

他にも国内唯一のFX以外の銘柄を提供している点も特徴です。

IG証券FXトレードのデメリット

次にIG証券FXトレードのデメリットを見ていきます。

悪い評判は以下になります。

BAD!
  • 慣れるまでが大変、中級者以上向き。
  • 手数料がかかる。

自由度の高いツールが、初心者にはハードルが高いという評判がありました。

ツールに慣れるまでが大変。

メリットでも述べたように、IG証券では多数の通貨ペアと株等の銘柄が取引できます。
更にWebブラウザの取引システムでは最先端のチャートシステム、主要金融メディアの情報を含む情報サービス、カスタマイズ可能な自由度の高いマイページ機能などが搭載されています。

エキゾチック通貨の取引を行いたいユーザー、FXの他にもCFD等も取引したいユーザー、カスタマイズを重要視するユーザーにとっては有難いシステムかもしれませんが、初心者が初めて口座を開設したとなると情報過多で迷ってしまうことも少なくありません。

したがって口座を開設する前に無料のデモ口座を利用してみたり、口座開設した後であれば電話やメールなどのサポートを受けてみたりすることをお勧めします。

手数料がかかる。

取引手数料や口座開設費は無料ですが、5,000円未満の出金手数料は利用者の負担となっています。
更に入金をしないまま6か月以上取引を行わないと月540円の口座管理非費が証拠金残高からひかれてしまうため、口座開設の際は慎重に行いましょう。

その他の情報はこちらの公式ホームページから。

まとめ

今回はIG証券の『IG証券FXトレード』の評判とメリット・デメリットについて紹介していきました。
高性能ツールを中心とした、スプレッドの狭い、安定した取引ができる業者を探している方は一度口座を開設してみるのも良いと思います!
無料のデモ口座もありますので、そちらも実際に触ってみてから開設することをおすすめします。

気になった方はこちらのページを参考に、口座開設をしてみてください。