【徹底比較】FX口座おすすめ比較ランキングとおすすめ通貨

「FXを始めてみたいけど、どの業者で口座を開設したらいいのだろう?

「FXの取引を初めて見たいけど、専門用語が多くてよく分からない…

このようなお悩みを抱えていませんか?

安定的に利益を上げ続けるためには、FXに関する基礎知識は必要不可欠です。

きちんとした知識を得ないまま、見切り発車で口座開設をしたり取引を始めたりしてしまうと大切な資産を失うことにつながりかねません。

ここではFX業者の選び方や基本的な知識について、知識0からでも分かるように解説しています。

この記事を最後まで読むことで、自分に最適なFX業者を選ぶための判断基準が分かるようになります。

何ごとも最初が肝心です。正しい知識と信頼できる業者のツールを使ってFXを初めてみませんか?

この記事では、おすすめ口座のランキング通貨ペアの選び方、プロトレーダーの方が実際に使っているFX会社などを紹介しています。

ぜひ最後までお読みください。

総合的にFX口座おすすめ比較ランキング

1.DMM FX

全21通貨ペア、どの通貨ペアでも低コストで取引が可能!各種手数料も無料。

POINT!
  • 取引手数料が低い!
  • 業界初のLINEサポートを導入!24時間体制のサポート!
  • 取引ツールが使いやすい!

 DMM FXは全21通貨ペアで低コスト取引を実現。

また、業界初のLINEサポートを導入し、24時間体制のサポートで取引やツールの使い方に関する質問も気軽に相談できます。

さらにスマホやPCでも取引しやすいツールが揃っており、初級者から上級者まで好評です。

 
通貨ペア 取引手数料 最低取引単位
全21通貨ペア 無料 10,000通貨単位

2. YJFX!(ワイジェイFX株式会社)

スプレッド幅の狭さは業界トップレベル!使いやすいスマートフォンアプリと豊富な情報量などに定評のあるFX会社です。

POINT!
  • 米ドル/円 スプレッド 0.2銭!
  • どこでもトレードできるアプリ「Cymo」
  • 手数料すべて無料!少額取引もOK!

外貨exにて業界最狭水準であるスプレッドを提供し、取引手数料だけでなく各種手数料(※1)もすべて無料となっています!

さらに、この人気スマートフォンアプリ(※2)「Cymo」は40万ダウンロードを達成しています!

※1但し、外貨出金手数料は1回につき1,500円が発生
※2 スマートフォンアプリ(iPhone Cymo, iPad Cymo, Android Cymo, Tablet Cymo)

通貨ペア 取引手数料 最低取引単位
24通貨ペア 原則無料 1,000通貨通貨

3.みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFXは、USD/JPYの0.1銭をはじめとした業界最狭水準のスプレッドと高金利通貨の安定したスワップポイントの高さが人気です!

POINT!
  • スワップの高さ、スプレッドの狭さ!
  • 取引手数料が無料!

みんなのFXはトレイダーズ証券が運営しているFXで、24時間のサポート体制があり、手数料も無料と安心して取引ができます。

またツールも使いやすく、1,000通貨からの取引が可能で、損失が抑えやすい点も評判です。

通貨ペア 取引手数料 最低取引単位
23通貨ペア 無料 1,000通貨単位
JNEL編集部からのコメント
  • DMMFXはタレントのローラさんを起用し、コマーシャルを流すことでFX口座数No.1(※)を誇っています。驚くべきことに、「スマホでスピード本人確認」では、最短1時間で取引スタートできるサービスを展開しています!※ 2020年1月末時点。ファイナンスマグネイト社調べ
  • YJFX!はYahooの子会社という大手の安心感と見やすいデザインで人気。もちろん、業界最狭水準の取引条件と使いやすくて豊富な取引ツールが用意されています!
  • みんなのFXは鈴木奈々さんを起用し、注目が高まっています。業界最狭水準の取引条件に加え、約定率99.9%や24時間のコールセンターも用意されており、深夜でも安心してトレードが可能です!

手数料が安いFX口座おすすめ比較ランキング

1.DMM FX

当サイトランキングにおける手数料の安さ第一位は、スプレッドが狭いDMM FXです。

取引コストが安い!

DMM FXの最大の特徴は、低コストでの取引ができる点です。

取引手数料が無料なのはもちろん、スプレッドは全通貨ペアで業界で優良なスプレッドを誇ります。

複数のカバー先などから受けるレートを元に独自生成したレートを、レート配信するという方法をとっています。

口コミ

会社員(40代・男性)
スプレッドがかなり狭いのでコストを抑えられる。
早朝や重要指標時にスプレッドが広がっても戻るまでが早い。


会社員(30代・男性)
スプレッド、安定性、スワップいずれも満足できる。
指標時も安定してトレードできるため、これからも使いたい業者。

もちろん取引手数料も無料なので、コストを抑えたい方にはおすすめの口座です!

2.YJFX!

手数料の安さ第2位は、業界最狭水準スプレッドのYJFX!です。

スプレッドが狭く、少額取引可能!

YJFX!の外貨exでは米ドル円(USD/JPY)の0.2銭をはじめとした低スプレッドを実現しています。

他の通貨も例えば豪ドル円(ASD/JPY)0.7銭、ユーロ円(EUR/JPY)0.5銭、ユーロドル(EUR/USD)0.4ptsと狭く、各通貨ペアで原則固定スプレッドを提供しています。

また外貨exは取引手数料が無料だけでなく、口座維持費用、ロスカット手数料、出金手数料(※)、口座開設手数料、クイック入金手数料も無料です。
※但し、外貨出金手数料は1回につき1,500円が発生

実質の手数料となるスプレッドも狭い中、各種手数料が無料なので余計な費用が掛かりません。

3.外為どっとコム

手数料の安さ第3位は、外為どっとコムです。

外為どっとコムは米ドル円(USD/JPY)0.1銭、ユーロドル(EUR/USD)0.3pipsなど、業界最高水準のスプレッドを提供しています。

この狭さの秘訣は、顧客のオーダーをインターバンク市場に参加している金融機関に取り次いでいることにあります。

つまり複数のレートの中から一番顧客に有利な条件でオーダーが通るため、限りなく狭いスプレッドが提供されているのです。

【スワップポイント】FX口座おすすめ比較ランキング

1.GMOクリック証券

スワップポイント第1位は、GMOクリック証券です。

米ドル円(USD/JPY)で52円(BUY)、-54円(SELL)とメイン通貨が安定しているほか、人気の高金利通貨ペア『南アフリカランド/円(ZAR/JPY)』、『トルコリラ/円(TRY/JPY)』、『メキシコペソ/円(MXN/JPY)』も高水準で、長期保有におすすめです。

口コミ

会社員(30代・男性)
スワップ目的で長期取引をしてみたいと考えている人におすすめ。


会社員(20代以下・男性)
スワップが他社よりも安定していて信頼できる。

また保有しているポジションを決済せずにスワップポイントの分を出金することができる強みもあります。

2.LIGHTFX

スワップポイント第2位は、LIGHTFXです。

メイン通貨は平均的ですが、トルコリラ円で50円、メキシコペソ円で100円、南アフリカランド円で151円と高金利通貨を中心に業界最高水準のスワップを誇ります。

特に南アフリカランド円はどの業者にも負けない買スワップになっています。

3.インヴァスト証券

スワップポイント第3位は、インヴァスト証券のトライオートFXです。

トライオートFXは自動売買システムが話題ですが、そのスワップポイントも高水準で人気です。

特にトルコリラ円は67円と国内FX業者の中でトップを誇る高さです。

取引ツールが使いやすいFX口座おすすめ比較ランキング

1.YJFX!

取引ツール第1位はYJFX!です。

YJFX!の外貨exでは、取引ツール『Cymo』を提供しています。

例えばDesktop Cymoはパソコン版取引画面と組み合わせることでその力を発揮し、他の作業中にもレート確認とトレードが行えるなど、小さなガジェットという特徴を生かした魅力が話題のツールで多くのトレーダーに支持されています。

この他にもプロトレーダー向けのCymo NEXTも用意されており、上級者も満足できるトレード環境を提供しています。

口コミ

自営業(40代・男性)
自分の使いやすいようにカスタマイズできるので使いやすい。


会社員(30代・男性)
ツールに慣れたらサクサク取引できる。

2.DMMFX

DMM FXの取引ツールは、一つの画面に必要な項目を集めたスマートなインターフェイスである『DMMFX STANDARD』、プロ向けの機能とシンプルな操作性が魅力の『DMMFX PLUS』の二つに加え、取引の分析ができる『取引通信簿』が提供されています。

いずれもダウンロード不要で、すぐに利用できます。

3.GMOクリック証券

取引ツール第3位はGMOクリック証券です。

GMOクリック証券・FXネオの代表的な取引ツールは長く愛用されている『はっちゅう君FXプラス』ですが、現在新チャート『Platinumチャート+』が提供されています。

Platinumチャート+ではトレード上級者の多彩な分析手法に対応し、様々な描画方法によって取引をサポートしてくれます。

またチャート上からニュースを確認できるため、値動きに影響を与えたニュースが即座にわかります。

取引アプリが使いやすいFX口座おすすめ比較ランキング

1.YJFX!

取引アプリの第1位は取引ツール同様YJFX!です。

YJFX!では取引用のアプリとして『iPhone Cymo / Android Cymo』を提供しています。

iPhoneやAndroidの特徴である大きなタッチスクリーンを生かした直感的なトレードが魅力のツールです。

チャートを見ながらワンタッチ注文が可能で、投資情報も充実しています。

他にもiPad Cymo、Tablet Cymoとタブレット向けのツールもあります。

口コミ

男性(40代・男性)
初心者でも簡単に取引できるわかりやすさ。

ワンタップで取引できる。


会社員(50代以上・男性)
パソコンよりも使いやすいし、チャートのレベルも高い。

2.GMOクリック証券

取引アプリ第2位はGMOクリック証券です。

GMOクリック証券・FXネオの取引ツールも評価が高いですが、スマホ向けツールも負けず劣らず高性能です。

スマホ向けツール『GMOクリック FXneo』は、指値逆指値の価格をラインで示し、テクニカルを参照しながら価格設定できるため、簡単に注文が行えます。

ほかにもマーケット情報が重要度ごとにカレンダーに表示されたり、『FXトレード日記』や『期間損益』で日々の取引結果を簡単に確認したりすることもできます。

3.みんなのFX

みんなのFXアプリは初心者でも利用しやすいシンプルな画面と便利なスピード注文・クイック決済、そしてパソコンと同等の分析機能と3種類の特徴を持ち、多くのトレーダーに愛用されています。

iPhone版、Android版共に用意されており、口座開設前でもチャート機能が利用できます。

情報力(コンテンツ力)が豊富なFX口座おすすめ比較ランキング

1.外為オンライン

情報力第1位は外為オンラインです。

外為オンラインではニュース情報源としてロイター、FXi24(FX Wave・GI24)、Market Win24が採用されています。

それに加えて外為オンラインでは全国各地で無料セミナーを実施していたり、アナリストレポートが連日更新されたりと、その他情報コンテンツが充実しています。

口コミ

会社員(50代以上・男性)
ニュース・情報が豊富。経済指標発表時にはニュース情報を片手にエントリーしている。

無料セミナーで初心者も上達できると思う。


会社員(30代・男性)
投資に関するコラムがわかりやすい。

これから相場予想を行いたい方は一度サイトを覗いてみることをおすすめします。

2.外為どっとコム

情報力第2位は外為どっとコムです。

外為どっとコムではニュースや経済指標を確認でき、さらにFOMCなどの統計データや通貨毎の取引データを見ることができます。

また、マネ育チャンネルというサービスがあります。FX初心者のための情報サービスや著名人のインタビューを確認することができます。

3.岡三オンライン証券

情報力第3位は岡三オンライン証券です。

FXi24(FX Wave・GI24)を情報源としながら重要なイベントの解説や実況中継など、分析の手助けとなる豊富なコンテンツが揃っています。

約定力が強いFX口座おすすめ比較ランキング

1.FXプライムbyGMO

約定力第1位はFXプライムbyGMOです。

顧客の注文の約定率100%スリッページ0%と完全約定を果たしていることがFXプライムbyGMOの大きな強みで、重要指標発表時もこの数値を維持しています。

スキャルピング取引には重要な『すべらない』環境を求めているトレーダーにはおススメの業者です。

口コミ

会社員(40代・男性)

サクサク取引できて安心できる。


会社員(40代・男性)
スプレッドはほどほどだがその分約定スピードが速く、ただスプレッドが狭い業者よりも期待できる。

2.LIGHTFX

約定力第2位は、LIGHTFXです。

LIGHT FXの約定率はなんと99.9%と100%に近く、かつスプレッドも狭いのでスキャルピング取引に向いている口座になります。

デモトレードがおすすめなFX口座比較ランキング

1.外為オンライン

デモトレード第1位は外為オンラインです。

外為オンラインのデモトレードは名前とメールアドレスで登録でき、無期限で利用できます。
(1か月程利用しなくなった場合は凍結する可能性があります。)

また外為オンラインの目玉商品のiサイクル注文のデモ体験も可能です。

口コミ

会社員(40代・男性)
iサイクル注文がわからなかったが、デモトレードを事前に行ったことが役に立った。


会社員(50代以上・男性)
デモトレードで取引に自信がついた。自分のペースでトレードが始められるので良い。

2.DMM FX

デモトレード第2位はDMM FXです。

DMM FXでは500万円分の仮想資金を持ち、実際のトレードと同様なデモトレードを行う事ができます。

更に期間も3ヵ月と比較的長くメールアドレスですぐに利用できます。

3.YJFX!

デモトレード第3位はYJFX!です。

YJFX!もメールアドレスのみで簡単にデモ口座を開設することができ、開始資金の設定も可能です。

一か月間しか利用できませんが、手軽にデモ口座を持ちたい方にはおすすめです。

FX初心者におすすめする通貨は?

FXにはたくさんの通貨ペアが存在します。

特に初心者の方の中には

どの通貨ペアで取引すればよいの?

「そもそも通貨ペアって何?」

という疑問や悩みをお持ちの方もいるでしょう。

ここでは、通貨ペアに関連することを初心者の方でもわかりやすく紹介します。

特に、FX初心者におすすめの通貨ペアとおすすめできる理由についても解説しています。

この記事を読めば、どの通貨ペアから取引を始めたら良いかが見えてくるでしょう。

そもそも通貨ペアとは?

通貨ペアとは、売買する2つの国の通貨の組み合わせのことです。

例えば米ドル/円の場合は、アメリカのドルと日本の円のやり取りをする通貨ペアになります。

ここで押さえておくべきなのが、「基軸通貨」と「決済通貨」の関係です。

基軸通貨とは決済通貨の価値を決める基準となる通貨です。

米ドル/円の場合、米ドルが基軸通貨で、日本円が決済通貨になります。

「基軸通貨/決済通貨」の配置になるので覚えておくと良いでしょう。

例えば、「1ドル120円」という為替レートの場合、「1ドルと交換するには120円必要です。」という意味になります。

つまり、ドルを「基軸」に円の「決済」の量が決められているのです。

これはFXにおいても基礎的な知識となりますが、意外と見落としがちなポイントでもあるので知っておいて損はありません。

通貨ペアの選び方

FX初心者の方にとってはどの通貨ペアを選ぶべきかについては、最初に悩むポイントでしょう。

選ぶ際に大切にするべきポイントは大きく分けて3つあります。

取引量が多いかどうか

取引量が多いかどうかは、値動きの安定性に直結します。

莫大な資本がつぎ込まれている通貨は、多少のことでは不安定になりません。

つまり、急騰や大暴落が起きにくいので、初心者の方にとっては、比較的安心して取り組める通貨ペアとなります。

たくさんある通貨ペアの中でも、英ドル/円や豪ドル/米ドルはの取引量は莫大であるため、比較的値動きは安定しています。

反対に、取引量が少ない通貨ペアは値動きが不安定であるため、経験が浅い段階は手を出さない方が無難でしょう。

ボラティリティは適切か

「ボラティリティ」とは変動率を表す言葉で、FXにおいては「値動き」のことを指します。

つまり、ボラティリティが大きい通貨ペアは取引の仕方次第では、莫大な利益が見込めます。

反対に考えれば、莫大な損失を出す可能性もある通貨ペアともいえるでしょう。

そのため、初心者の方はボラティリティが大きすぎる通貨ペアは避けつつ、比較的ボラティリティが安定している通貨で経験を積むことをおすすめします。

スプレッド幅が狭いか

スプレッドとは、通貨の売却額と購入額の差のことを指します。

端的に表現すると、約定する度にFX業者に支払う取引手数料のことです。

このスプレッドが業者の利益になるため、FXをする上で避けては通れないコストになります。

FXで取引する立場からすれば、約定する度に差し引かれるコストであるスプレッドは少ない方が良いのは言うまでもありません。

そのため、スプレッドが狭い業者を選択するべきでしょう。

 

また、スプレッドは常に一定ではなく、相場に影響を与えるようなニュースが発表されたタイミングなどに大きく変動する可能性があります。

リアルタイムのスプレッドの設定は業者の公式サイトで公開されているので、定期的に確認するようにしましょう。

FX初心者におすすめする通貨ペア3選

通貨ペアの選び方で紹介したポイントを踏まえたうえで、おすすめの通貨ペアを3つ紹介します。

FXの経験が浅い方におすすめであるため、FXの登竜門とも呼べる通貨ペアになります。

ここで紹介した通貨ペアで鍛えた後は、ご自身の好きな通貨ペアで取引しても良いでしょう。

米ドル/円

米ドル/円は初心者から経験者まで、幅広く取引されている人気のある通貨ペアです。

初心者の方におすすめできる理由としては、取引額が非常に大きくボラティリティが安定していることが挙げられます。

また日本円が関与しているため、相場変動に影響を与える情報を入手しやすいという利点もあります。

日本とアメリカの経済情勢や、日米間の金利の差などは為替レートに変動を与える重要な情報源です。

こういった情報にアクセスしやすいのも、多くの日本人投資家が米ドル/円で取引をしている理由になります。

ユーロ/米ドル

ユーロ/米ドルも取引金額が多く、ボラティリティも米ドル/円ほどではないものの、比較的安定している通貨ペアになります。

また、アジア時間は比較的緩やかであるため、初心者の方にはやさしい相場環境になるでしょう。

ユーロ圏とアメリカの経済状況や金融に関する情報を素早く仕入れられる方には特におすすめできる通貨ペアです。

ユーロ/円

ユーロ/円はクロス通貨の中でも、取引金額が多くボラティリティも比較的安定しているので、おすすめの通貨ペアです。

クロス通貨とは、米ドルを介さない通貨ペアのことを指します。

ユーロ/円を注文すると、実際には円と米ドルが売買され、さらに米ドルとユーロが売買されています。

ユーロ/円はクロス通貨の中では、初心者の方におすすめできる通貨ペアになります。

プロが使うFX会社3選

プロのトレーダーはどのようなFXの会社を利用しているのでしょうか。

ここでは、代表的な会社を3社紹介します。

FX経験者に人気が出るのには、理由があります。

なぜ、FXの経験を長く積んだ人はこの3社を選ぶのかについて詳しく見ていきましょう。

DMM FX

DMMFXはプロトレーダー一押しのFXの業者になります。

おすすめポイントは3つです。

口座開設まで最短1時間

口座開設までにかかる時間が最短1時間と非常に早いです。

その理由は最新の顔認証システムにあります。

本人確認が従来の郵送を使った手続きより非常に早く、手軽に口座を開設できるのは魅力的です。

使いやすい取引ツール

取引ツールが使いやすいことで高い評価を得ています。

経験の量によって使用する取引ツールを選べるため、FX上級者も初心者も幅広く親しまれています。

また、ブラウザ上で稼働するツールであるため、ダウンロードの必要もありません。

あらゆる手数料が無料

FXを始めると驚くのが手数料の多さです。

出金手数料や口座開設手数料、口座維持手数料など挙げたらきりがありません。

DMMFXはこれら手数料が無料になります。これは、利用者にとっては心強いメリットだといえるでしょう。


(引用:FX取引をはじめるならDMMがお得!FX/CFD取引のDMM.com証券

FXブロードネット

FXブロードネットの大きな特徴は「トラッキングトレード」です。

トラッキングトレードとは、決まった値幅になると自動的に売買を繰り返す取引手法です。

自動取引になるので、うまくいけば裁量トレードなしで利益が増えていきます。

裁量トレードでは、上げ下げの回数にかかわらず、狙ったレートに到達した場合の値幅分1回が利益となります。しかし、トラッキングトレードは、安く買って高く売る、高く売って安く買い戻す注文(IFDO注文)を複数発注し、自動的に繰り返す注文方法ですので、上げ下げの回数に応じて利益をコツコツ積み上げていくことが可能です。

(引用:あなたのFX応援団|FXブロードネット(外為証拠金 FX取引) (fxbroadnet.com)

その他のメリットは最小取引単位が1000通貨であることが挙げられます。

少額から取引が開始できるため、初心者にとっては嬉しいメリットではないでしょうか。

GMOクリック証券

GMOクリック証券の1番のおすすめポイントは、主要通貨ペアのスプレッドの狭さがあります。

米ドル/円のスプレッドが0.2銭となっており、業界最狭水準になります。

また、入出金の手数料なども無料であるため取引コストを圧迫しません。

加えて、困ったときには24時間体制でサポートしてくれます。

慣れないうちは取引のことやツールの使い方などで、迷うことばかり。

分からないことをすぐに尋ねられる環境があるのは初心者にとって非常に心強いです。

まとめ

おすすめのFX口座やFXの基礎知識について紹介しました。

まずは、取引してみないことには始まりません!

比較的少額から取引を始められるFX業者も増えています。

ここで解説したことを参考にしつつ、実際に口座を開設し取引してみることをおすすめします