2020年10月4日 泥沼化したアメリカ大統領選挙

本日、正午頃トランプ氏がtwitterで自信が新型コロナウイルスに感染したとツイートし、世界に緊張が走った。トランプ氏の側近のヒックス氏は29日のバイデン氏との討論会に同行したほか、30日の選挙集会に向かうのに大統領専用ヘリコプターに同乗。後、側近が新型コロナウイルスに感染し、自身も感染している可能性があることから隔離プロセスに入るという形での出来事であった。これにより、為替相場は14:00頃から下落を始め1時間後には105円を割る値までに。株式相場や原油価格にまで影響を齎した。新型コロナウイルスの対策をしてきた身として、これほどの信用が落ちる機会はない。大統領選挙前であったからこそ、世間には対策をより一層強める形をアピールしたかったと思うが、経済だけではなく色々への影響は計り知れないであろう。

取って代わって、バイデン氏は、29日の討論会で電子イヤホン使用で討論をしており、それにはトランプ氏が言った言論に対して違う人がイヤホン越しにバイデン氏に情報を伝えていたという陰謀論的なものがtwitterやニュースで出回っている。前回ほど盛り上がらなそうなアメリカ大統領選挙。今後も目が離せない。