2021年4月2日 相場の展望

先日、日本では緊急事態宣言が解除され街にも人足が戻ってきた。しかし、いまだ飲食店などへの時短営業は解除されておらず、強いられている店舗は解除が今か今かと待ち望んでいる。感染者数の推移としては非常事態宣言が解除されてからは上昇傾向であった。メディアでの解除速報が流れてからは、国民の気のゆるみが現れた。世界では、ロックダウンが行われた国や感染者数が増え続けている国など様々であるが、新型コロナウイルスが抑え込めているかと問われれば、「いいえ」といえるであろう。それでも、欧米・欧州、中東の一部の地域ではワクチンの接種が開始され、脅威への不安から解放されたであろう人々もいるであろう。

新型コロナウイルスの対策によって経済対策がなされ、株式バブルになりつつあった。最高値を更新した平均株価などは投資家にとって最高の甘い果実となった。それに伴ってかは定かではないが、数年前から注目度が落ち気味であった暗号通貨市場がまたブームを起こしつつある。テレビCMでは交換所や取引所などが流れ始め、蜜を求めた新規参入者が後を絶たない。近頃では、VISAが米ドルに連動するステーブルコインを決済に利用する計画を報道すると上昇。各著名人がビットコインに関連する発言により上昇。まるで金融ジェットコースターだ。

今後も米株と長期金利に関しては注意が必要だ。

岡三オンライン証券